OPEN CLSOE

ニュース & トピックス

プレスリリース

2014年10月31日(有効期限:2014年10月31日)

神戸市外国語大学元教員の研究活動における不正行為について

平成26年4月3日、龍谷大学より神戸市外国語大学(以下、本学。)に対し、当時同大学に所属していた本学元教員が、研究活動における不正行為を行った疑いがあるとの報告があり、本学在籍中の研究業績についての調査依頼がありました。
これを受け、龍谷大学・京都府立大学との合同調査を行った結果、当該元教員の不正行為が認定されました。
本学に在籍していた教員が、研究活動における不正行為を行っていたことは、誠に遺憾であり、関係各方面に対して深くお詫び申し上げます。
不正行為を行った当該元教員は既に本学を退職していますが、下記のとおり処分を行いました。
研究活動における不正行為は、到底許されるものではなく、本学として、さらなる不正防止の取り組みの強化に努めてまいります。

1 当該元教員
元外国語学部教授 菅山 謙正(すがやま けんせい) 61歳
専門分野:英語学、言語学、語彙意味論、Word Grammar

2 在職期間
昭和58(1983)年4月1日~平成18(2006)年3月31日

3 研究不正の内容
論文等における盗用

4 処分内容
名誉教授称号の取消(平成26(2014)年10月29日付け)


本学教員の研究活動における不正行為に関する学長声明
神戸市外国語大学元教員の研究活動における不正行為について

ニュース&トピックス一覧へ