卒業生の方受験生の方国際交流・留学在学生の方学生生活市民・一般の方

2021年4月 1日

2021年模擬国連世界大会 ニューヨーク大会(オンライン実施)を神戸市長が視察

3月28日(日曜)~4月2日(金曜)まで開催されている模擬国連世界大会ニューヨーク大会(※1)について、3月29日(月曜)に久元喜造神戸市長が視察されました。

DSC_0140.JPG

毎春ニューヨークにて開催されている模擬国連世界大会には本学生を派遣していますが、今大会は新型コロナウイルス流行の影響もあり、インターネットで世界各国をつないで開催するオンライン形式での開催となりました。オンライン形式での開催は今回が初の試みです。会議はニューヨーク時間で行われるため、日本から参加する場合、活動時間が深夜になることから、参加学生はホテルに合宿して参加しています。

久元市長と同大会参加学生の交流会では、キューバ共和国大使団を務める本学生14人が、同国の人口構成、食糧自給、健康医療、教育、核エネルギー利用など幅広い政策・主張について久元市長との活発な議論を行いました。

DSC_0063.JPG DSC_0102.JPG

交流会の後、久元市長が本学生の活動拠点であるホテルの各室を訪れ、本学生が実際の同大会への参加方法など市長に対しての説明を行いました。

DSC_0149.JPG DSC_0157.JPG

(※1)「模擬国連」とは、国連をシミュレートする教育活動で、世界各地で様々な取り組みが行われています。参加する学生は、経済や社会全般についての議決や勧告を行う国連経済社会理事会の理事国それぞれの外交官となり、与えられたテーマについて、自国の考えや政策を主張し、さらに他国との折衝を重ね、委員会として提言をまとめます。「世界大会」は、大学生による模擬国連の最大規模の大会で、春季にニューヨークで、秋季には米国以外の国で開催されています。