イベントピックアップ公開講座卒業生の方受験生の方在学生の方市民・一般の方

2021年10月12日

【大竹英洋氏講演会】「表現すること 本を出すということ」(2021年11月17日)のご案内

今年、第40回土門拳賞を受賞された写真家の大竹英洋氏をお招きし、下記のとおり講演会を開催します。

題目

「表現すること 本を出すということ」

日時

2021年11月17日(水曜)14時30分〜16時00分

開催方法

対面とZoomのハイブリッド形式

講演者

大竹 英洋(おおたけ ひでひろ)氏

写真家。北米の湖水地方「ノースウッズ」をフィールドとする。米国の著名な写真家Jim Brandenburgに弟子入りしようと北アメリカを訪れた体験を綴った『そして、ぼくは旅に出た。』(あすなろ書房、 2017年、編集:松田素子)は、第7回梅棹忠夫 山と探検文学賞を受賞。2018年、日経ナショナル ジオグラフィック写真賞、ネイチャー部門最優秀賞受賞。写真集『ノースウッズ:生命を与える大地』(クレヴィス、2020年)は、2021年、国内でも有数の権威ある写真賞 第40回土門拳賞を受賞。NHKワイルドライフ「カナダ ノースウッズ 生命あふれる原生林を行く」(2012年)は今年5月に再放送されオンデマンドで視聴可能に。Nippon.comでこれまでの軌跡を多言語連載中。最新刊に『もりはみている』(福音館書店)。

聞き手

松田 素子(まつだ もとこ)氏 

編集者、作家。雑誌「月刊MOE」(偕成社)の創刊メンバーとなり、同誌の編集長を務めた後1989年に退社。その後はフリーランスとして絵本を中心に活動。担当した作品は300冊以上。多くの絵本作家の誕生に編集者としてたちあい、詩人まど・みちおの画集なども手がける。自然やサイエンスの分野においても、企画編集、執筆者として活動。『ながいながい骨の旅』は第二回日本子どもの本研究会作品賞、絵本学会2018年「BOOK END」が選ぶ「次世代に残したい絵本」、2019年度児童福祉文化賞を受賞。ミキハウスの「宮沢賢治の絵本」シリーズの編集を手がけ、朗読会「見ル聞ク賢治」を神戸元町で定期的に開催した。本学授業「出版と編集」講師。

申し込み方法

対面参加の場合:
先着10名まで、ANCHOR KOBE(神戸三宮阪急ビル15階)にお越しいただけます。
ご希望の方は「氏名・学籍番号・電話番号・メールアドレス」を記載し、メール(kouen(at)office.kobe-cufs.ac.jp)でお申し込みください。
※(at)を@に修正し、メールをお送りください
オンライン参加の場合:
こちらからお申し込みください。ZoomのミーティングID は登録後の画面に表示されますので必ず保存してください。

講演会のチラシはこちら

お問い合わせ

神戸市外国語大学研究所グループ
地域貢献担当
Mail:kouen(at)office.kobe-cufs.ac.jp
※(at)を@に修正し、メールをお送りください。