プレスリリース企業の方卒業生の方受験生の方在学生の方市民・一般の方広報・事務局からのお知らせ

2022年12月21日

ウズベキスタン国立世界言語大学との学術交流協定の締結

本学では、海外の研究機関との学術提携の推進を中期計画(20192024年度)の目標の一つとして取り組んでいます。その一環として、このたびウズベキスタン国立世界言語大学(Uzbekistan State World Languages University)と学術交流協定を締結しました。2022127日、ウズベキスタン国立世界言語大学のUlugbek Azizov学長と田中悟学長が本学にて協定書に調印し、今後の両大学間の交流推進について確認しました。

PC070024.jpg

ウズベキスタン国立世界言語大学の概要

1.代表者 Ulugbek Azizov 学長
2.所在地 ウズベキスタン共和国タシケント

1949年に設立されたタシケント外国語教育大学を起源とし、1992年にロシア語ロシア文学大学と統合して誕生。ウズベキスタン国内でトップレベルの外国語大学であり、言語学、外国語教育、通訳・翻訳学の分野における最重要の教育研究機関の一つ。約9000人の学生が在籍している。

ウズベキスタン国立世界言語大学HP(外部サイト)

締結日

2022年12月7日(水曜) 協定期間=5年(有効期限の1年前までに申し出が無い限り、自動的に更新)

協定の主な内容

1.教授・研究者の交流
2.学部生・大学院生の交流
3.共同研究・学術会議の実施
4.学術研究を目的とした情報、出版物、資料の交換
5.両者が相互に合意するその他の教育活動及び研究活動の実施

効 果

ウズベキスタン国立世界言語大学はウズベキスタン共和国において言語研究・言語教育に主軸をおく主要な高等教育研究機関である。ロシア文献学部の他、日本語専攻のある翻訳学部もあり、両大学にとって学術研究を理論的・実践的に遂行するに理想的な環境を持つ。また、語学教育の面においても共同プログラムの開発など、協働出来る潜在性は高いと考えられる。

参 考

研究機関との提携