おすすめ資料 第459回 災害について考える季節が来ました。

私達の身近には多くの外国から来た方が暮らしていますが、彼らには緊急時の騒然とした空気の中で飛び交う、耳慣れない日本語を十分に理解するのは、難しいことが多いでしょう。
また、日本語よりは英語の方が理解しやすい人も多いことと思います。
災害発生時にどう行動するかをあらためて考えながら、大学で身につけた外国語の力で、身近な誰かを助けることができるかもしれない、ということも考えられたらいいですね。

2019年1月18日(橋)