司書のおすすめ資料

当館司書が週替わりで利用者のみなさまにおすすめする資料を紹介します。なお、各記事は執筆者が司書としての専門的立場から紹介するものです。資料とサイトを毎週交互に更新します。

タイトルをクリックすると資料の当館OPACの詳細情報が表示されます(一部資料を除く)。[ ]は当館の請求記号です。

司書のおすすめ資料一覧

2016年8月 5日
おすすめ資料 第342回 ロシア語の文法書は数多く出版されています。
2016年7月22日
おすすめ資料 第341回 愛知大学現代中国学会の『中国21』の最新号です。
2016年7月15日
おすすめ資料 第340回 なかなか習得がむずかしい英語の冠詞についての本です。
2016年7月 8日
おすすめ資料 第339回 やさしく読めるドン・キホーテ
2016年7月 1日
おすすめ資料 第338回 長い歴史を持つ日露関係。
2016年6月24日
おすすめ資料 第337回 《聊斎志異》は、清代に編纂された、怪異譚の短編集です。
2016年6月17日
おすすめ資料 第336回 5月に亡くなられた演出家の蜷川幸雄さんが1998年から手がけていた、シェイクスピア全作品を上演する企画が「彩の国シェイクスピア・シリーズ」です。
2016年6月10日
おすすめ資料 第335回 外国語で文章を作るとき、つい訳しにくい日本語で考えてしまうことはありませんか。
2016年6月 3日
おすすめ資料 第334回 日本にとって常に意識せざるを得ない国、ロシア。
2016年5月27日
おすすめ資料 第333回 中国語で、日本の文化・社会を紹介する例文が、多数掲載された本です。
2016年5月20日
おすすめ資料 第332回 「読む・書く・聞く・話す」の4技能の中で、鍛える機会が最も少ないのは「話す」ではないでしょうか。
2016年5月13日
おすすめ資料 第331回 グアテマラの織物にふれる
2016年5月 6日
おすすめ資料 第330回 とにかく自分の言いたいことを言葉にしてみること、それが会話上達への近道です。
2016年4月22日
おすすめ資料 第329回 中国各地の名勝・名跡の建築物が、カラー写真入りで紹介されています。
2016年4月15日
おすすめ資料 第328回 誰にもあてはまるような語学の上達法ってあるのでしょうか?
Page 10 of 32 戻る  [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32]  次へ