神戸外国語大学

模擬国連世界大会

National Model United Nations Japan Conference

2022.11.20-26

神戸にて開催

主催:神戸市外国語大学・National Model United Nations

各国の学生が集い
現代の国際問題や平和について議論します

2022年
模擬国連世界大会

参加大学
・団体数
00
参加国
00ヶ国
学生数
000

※2022年10月時点

模擬国連世界大会

National Model United Nations Japan Conference

世界各地で行われている模擬国連活動の中で最大規模で、国際連合が全面的な支援を行う唯一の大会です。春にニューヨークで5,000人規模の大会を、秋には世界各地の大学をホスト校として世界各地で開催されています。
本学は2016年11月に日本で初めての世界大会を神戸で開催しており、今大会は、6年ぶり2回目の開催となります。今大会では「平和」を主なテーマとして、様々な国際課題について議論します。

模擬国連世界大会とは?

  • 学生が
    各国の外交官役

  • 出身国以外
    を担当

  • テーマ別会議で
    決議を目指す

  • 英語のみが
    公用語

模擬国連とは、実際の国際連合での会議と同様に、参加者が各国代表団としての役割を担い、会議での議論を通じて国際問題への理解を深めるとともに、交渉力や議論の能力、語学力を含む総合的な国際コミュニケーション能力を高めることを目的とした教育活動です。参加する会議や設定するテーマについて、他国と議論や交渉を経て、国連決議という合意に向かって全体がまとまっていくプロセスは国連さながらのドラマチックな展開です。
本学では、英語力や会議でのコミュニケーション能力、リサーチ力を磨くため、模擬国連の授業を開講し、毎年模擬国連世界大会へ学生を派遣するなど、模擬国連の活動に注力しています。

そこは、自分の持てる力
すべてを発揮する場

議論を進め、合意や決議に導くには、語学力は言うまでもありませんが、様々な能力・資質・テクニックが不可欠です。
各国の立場を尊重しながらも自国の意見をしっかりと主張し、外交団の役割を果たすために、高いレベルで「力」を出し切らなければなりません。

NMUN ・ Japan 2022 議題

神戸大会では、4つの議場が設置され学生たちは与えられた議題のうちの1つについて議論します。

01

国連経済社会理事会(Economic and Social Council / ECOSOC)

  • グローバル化が進んだ世界での食糧保障への取り組み
  • 若者の持続可能な経済への参加の促進
02

国連総会(General Assembly Plenary / GA)

  • 精神的な健康の促進とケアへのアクセス改善
  • エネルギー保障と気候変動緩和のためのエネルギーシステムの適合
03

核兵器の不拡散に関する条約(NPT)再検討会議

  • 第6条項の実用的な実施に向けた対策
  • 核安全保障の強化に向けた対策
04

安全保障理事会(Security Council / SC)

  • コンゴ民主共和国の状況について
  • 平和構築における女性の役割の強化

挨拶・学生紹介

模擬国連神戸大会事務総長

ヒキタ・キーシャ・
ロレーヌ・サントーヨ

NMUN • Japan 2022のテーマは「平和」です。複雑化した世界情勢下だからこそ、参加者には文化視察などを通して核兵器がもたらした脅威を自分の目で見て、考えることができる機会になることを願っています。絶対的な答えがない「平和」というテーマに対して、担当国としての立場だけでなく、世界から様々な背景を持つ大学生が集まる大会だからこそ、会議を通して自分なりの答えを見出せる意義のあるものになると信じています。また、本大会はコロナ禍後に神戸で開催される国際会議の中で最も多くの外国の方が集まる大会でもあります。神戸市外国語大学の運営ボランティア一同、本大会が活気や情熱を神戸、そして日本に取り戻せる機会になることを願っています。

神戸市外国語大学国際関係学科4年

模擬国連神戸大会大使団長

岡本 季武

私を含めた3人の大使団長は、共に大使一人一人の個性を活かして、入念な準備を通して蓄えた知識、各国の利害関係を考慮した外交的な姿勢、攻撃的ではなく、対話を通して解決を図る強力的な姿勢から成る強い大使団を作り上げていきます。大会当日は、各大使がそれぞれの議場で、喫緊の課題の解決に向けて国際協調を促すようなリーダーシップを発揮し、また、活躍することを期待しています。

神戸市外国語大学国際関係学科4年

参加大学・団体一覧(2022年10月時点)

  • 日本
  • アメリカ
  • イギリス
  • ドイツ
  • フィリピン
  • イタリア
  • カナダ
  • ウクライナ
  • オーストラリア
  • タイ
  • チリ

日本

Organization Students Country of Responsibility
大学コンソーシアムひょうご神戸(神戸市外国語大学含む) 19 ガボン
カザフスタン
チュニジア
京都外国語大学 4 アイスランド
ノートルダム清心女子大学 8 コロンビア
デンマーク
岡山大学 5 バングラデシュ
麗澤大学 10 コンゴ民主共和国
マダガスカル
東京国際大学 4 ボツワナ
北九州市立大学 6 チリ
奈良県立医科大学 4 イラン
日本模擬国連(JMUN) 6 リビア

アメリカ

Organization Students Country of Responsibility
Baylor University 8 Kenya
United Republic of Tanzania
California State Polytechnic University Pomona 10 Norway
Saudi Arabia
California State University, Sacramento 2 Ukraine
California State University, San Bernardino 10 India
Jamaica
Florida Atlantic University 4 Uzbekistan
Georgia State University 6 Indonesia
Oman
Hawaii Pacific University 6 Greece
Kalamazoo College 2 Democratic People's Republic of Korea
McMurry University 8 Ghana
South Sudan
New Mexico State University 8 Israel
United States of America
Pepperdine University 6 Zimbabwe
Riverside City College 12 Iraq
Mexico
St. Petersburg College 8 Costa Rica
Mali
Stockton University 11 Congo
Thailand
Texas A&M University at Galveston 10 Türkiye
United Arab Emirates
The College of Idaho 9 Portugal
United Kingdom
University of New Haven 9 France
Valdosta State University 6 Belgium
Weber State University 5 Brazil
West Virginia University 6 Japan

イギリス

Organization Students Country of Responsibility
Royal Holloway University of London 11 Italy
Singapore

ドイツ

Organization Students Country of Responsibility
Cusanuswerk 14 Argentina
Russian Federation
DGVN NRW 12 Finland
Republic of Korea
University of Erfurt 14 China
Guatemala
University of Paderborn 2 Colombia

フィリピン

Organization Students Country of Responsibility
De La Salle University Manila 16 Australia
Eswatini
Ireland
University of the Philippines - Diliman 4 Sweden

イタリア

Organization Students Country of Responsibility
WSC Italia Global Leaders 15 Austria
Czech Republic
Syrian Arab Republic

カナダ

Organization Students Country of Responsibility
MacEwan University 4 Germany

ウクライナ

Organization Students Country of Responsibility
Ukrainian Catholic University 3 Latvia

オーストラリア

Organization Students Country of Responsibility
Monash University 14 Liberia
Poland
South Africa

タイ

Organization Students Country of Responsibility
Naresuan University 4 Portugal
United Kingdom

チリ

Organization Students Country of Responsibility
Universidad de Santiago de Chile 6 Canada
Egypt

開催スケジュール

2022.

11.20[ 日 ]

START

参加者の神戸到着

12:30~

参加者向け神戸ツアー

ツアーA人と防災未来センター、菊正宗酒造記念館
ツアーB相楽園、北野工房のまち
ツアーC①EKIZO、生田神社、三宮センター街
②EKIZO、南京町、三宮センター街
③三宮センター街、神戸港震災メモリアルパーク、旧居留地

2022.

11.21[ 月 ]

10:00~

参加者向け文化視察(広島)
【視察場所】平和記念公園・資料館、被爆者講話の聴講

2022.

11.22[ 火 ]

10:00~

参加者向け文化視察(京都)
【視察場所】清水寺、伏見稲荷大社

2022.

11.23[ 水 ]

【  会 場  】
ポートピアホテル

10:00~12:00

ピースフォーラム(パネルディスカッション)

13:15~14:15

開会式

15:00~18:00

セッション1

2022.

11.24[ 木 ]

【  会 場  】
ポートピアホテル

09:00~12:00

セッション2

  • 国連総会
  • 安全保障理事会
09:00~12:30

セッション2

  • 国連経済社会理事会
  • 核兵器の不拡散に関する条約 再検討会議
14:00~17:00

セッション3

  • 国連総会
  • 安全保障理事会
14:30~17:30

セッション3

  • 国連経済社会理事会
  • 核兵器の不拡散に関する条約 再検討会議
19:00~22:00

セッション4

  • 国連総会
  • 安全保障理事会
19:30~22:00

セッション4

  • 国連経済社会理事会
  • 核兵器の不拡散に関する条約 再検討会議

2022.

11.25[ 金 ]

【  会 場  】
ポートピアホテル

09:00~12:00

セッション5

  • 国連総会
  • 安全保障理事会
09:00~12:30

セッション5

  • 国連経済社会理事会
  • 核兵器の不拡散に関する条約 再検討会議
14:00~18:00

セッション6

  • 国連総会
  • 安全保障理事会
14:30~18:30

セッション6

  • 国連経済社会理事会
  • 核兵器の不拡散に関する条約 再検討会議

2022.

11.26[ 土 ]

09:00~12:30

セッション7

  • 国連経済社会理事会

【 会場 】神戸市会 本会議場

09:00~12:00

セッション7

  • 国連総会
  • 安全保障理事会
  • 核兵器の不拡散に関する条約 再検討会議

【 会場 】ポートピアホテル

各議場での議案の採択

15:00~ 閉会式

【 会場 】ポートピアホテル

大使になるための
多くの課題と準備

  • 01

    まずは自分の担当する国の情報をリサーチ。その国の文化や歴史、他国との関係など、その国の大使になるための情報集めからスタートします。
    続いて担当する議場や議題についてもリサーチをしていきますが、英語での情報収集はとても大変です。

  • 02

    国際連合や議決までの流れ、ルールなどを理解することも重要です。
    国際連合を模擬するための基礎的な知識も学びます。

  • 03

    自国の立場や意見を明確にする「ポジションペーパー」という文書を作成します。経験者の先輩のアドバイスを参考に一から作り上げていきます。

  • 04

    他国との交渉は何より重要です。他国の意見を尊重しながらも自国の意見をしっかりと主張しなければなりません。
    そのために交渉に必要な表現力やスキルを磨いていきます。

  • 05

    スピーチには高い語学力が求められるほか、その出来は説得力に直接影響します。多い時には約200人の前でのスピーチもあります。
    大会でのスピーチに向けた練習は欠かせません。

  • 06

    模擬国連の本番に向け、実際の大会と同じ流れで模擬練習を行います。
    本番でしっかりと動けるよう、ここでシミュレーションを行います。

大使としての活動

01

参加する議場では2つの議題が事前に設定されています。
大会で実際に議論する議題を多数決によって初日に決定します。

02

会議は、各国が議題に対する意見や意思表明のスピーチを行うフォーマルセッションと他国と自由に交渉・議論をするインフォーマルセッションに分かれます。

03

各国の大使は似た意見を持つ国や協調できる国を探し、グループを作ります。
そのグループで、議題に対する決議案の文書を作っていきます。

04

各国はこの決議案に自国の意見を反映させるほか、多くの国の賛同を得るため、様々な交渉や議論を行い、最終的な国連決議に向けた合意形成を目指します。

05

会議最終日、決議で過半数の賛成を得ることで、正式な文書となります。

お問い合わせ

神戸市外国語大学
経営グループ 企画広報班

TEL :
078-794-8106
MAIL :
koho-core@office.kobe-cufs.ac.jp

受付時間:月曜~金曜 8時30分~17時15分

  • ※上記以外の時間帯は、対応致しかねることがございます。
  • ※土・日曜、(休日開講日を除く)国民の祝日、大学指定休日、年末年始は、業務を行っておりませんので予めご了承願います。