司書のおすすめ

通常は各専攻言語の関連資料を紹介しておりますが、2020年度後期の対面授業が拡大されることになったため、9月より内容を変更し、在宅学習と図書館利用に役立つ情報をお届けします(不定期掲載)。

タイトルをクリックすると資料の当館OPACの詳細情報が表示されます(一部資料を除く)。[ ]は当館の請求記号です。

司書のおすすめ資料一覧

2014年10月 3日
おすすめ資料 第254回 神戸と言えばパン。実はロシアにもたくさんの種類のパンがあるってご存知でしたか。
2014年9月26日
おすすめ資料 第253回 中国の古典(特に文学)を手に取りやすくなるよう、1タイトル5ページほどに、あらすじと時代背景をまとめた、入門書です。
2014年9月24日
おすすめ資料 第252回 句動詞については以前辞典をとりあげましたが、今回はドリルです。
2014年9月12日
おすすめ資料 第251回 文字で伝えるコミュニケーションツールとして欠かせないものとなって久しいEメール。
2014年9月12日
おすすめ資料 第250回 本書は、ある程度ロシア語が分かってきてもっと話せるようになりたい、という人におすすめです。
2014年8月22日
おすすめ資料 第249回 豊富な図表と統計を用いて、分かりよく現代中国経済の歴史・背景・現状が解説されています。
2014年8月15日
おすすめ資料 第248回 「英語的思考」とはどのようなものでしょうか?
2014年8月 8日
おすすめ資料 第247回 あの作家を知るためのA to Z
2014年8月 1日
おすすめ資料 第246回 いち早くロシアについて知りたいなら本書が良いです。
2014年7月25日
おすすめ資料 第245回 著者の冨田氏は、本学中国学科の卒業生で、1970年から約40年間外務省に勤務された、ベテラン外交官です。
2014年7月18日
おすすめ資料 第244回 英語を使っていかにコミュニケーションをとるか、ということに眼目がおかれています。
2014年7月11日
おすすめ資料 第243回 2014年4月17日に逝去したコロンビア出身の作家ガブリエル・ガルシア=マルケスの追悼特集です。
2014年7月 2日
おすすめ資料 第242回 ロシアからみた日本の魅力とはなんでしょう。
2014年6月27日
おすすめ資料 第241回 神戸在住の直木賞作家、陳舜臣の代表作の1つです。
2014年6月20日
おすすめ資料 第240回 コロケーションは「語と語の慣習的な結びつき」のこと。