交通機関が運休し、または気象警報等が発令された場合、授業及び定期試験については以下のように取扱います。

(1)休講の判断時について

(学部及び大学院)
 1)午前7時までに運休または気象警報等が解除されたときは、平常どおり実施する。
 2)午前11時までに解除されたときは、当日の3限から実施する。
 3)午前11時までに解除されないときは、授業を休講し、または定期試験を延期する。

(第2部)
 1)午後4時までに運休または気象警報等が解除されたときは、平常どおり実施する。
 2)午後4時までに解除されないときは、授業を休講し、または定期試験を延期する。

(2)交通機関の運休

交通機関の運休が1)~4)のいずれかの場合
1)神戸市営地下鉄西神・山手線
2)JR線、阪急電鉄及び阪神電鉄(大阪-姫路間)
3)JR線、山陽電鉄(大阪-姫路間)
4)JR線、神戸電鉄(大阪-姫路間)

(3)気象警報の発令

神戸市に、特別警報または警報(暴風警報、暴風雪警報、大雪警報のみ)が発令された場合
※神戸市に発令されている警報はこちらから確認できます →気象庁のホームページへ

(4)避難勧告または避難指示の発令

本学敷地内に避難勧告または避難指示が発令された場合

(5)その他

1)上記(2)~(4)以外でも、地震による災害、感染症の発生、その他本学周辺の天候悪化等に伴い大学が危険であると判断して休講等にする場合は、ホームページ、休講情報及び学内の掲示板で掲示する。
2)授業または定期試験が実施される場合であっても、学生が本学までの経路内で気象警報等が発令され通学に危険であると自身で判断した場合や、交通機関が不通になり通学が困難で欠席した場合は、「欠席届」を担当教員に提出すること。