概要

第2部英米学科は、本来勤労学生を対象とするため、主として夜間(17時50分~21時00分)の授業を受講しますが、教授陣と授業内容そして目標については学部(昼間)の英米学科とほぼ同様となっています。ただし、コースは「英語学・英語研究コース」「英語圏文化文学コース」「法経商コース」の3つのいずれかに属し、それぞれの学問研究分野についての専門知識を身につけることになります。また授業時間数の制約を緩和するため、昼間の授業を一定の単位数履修することができます。

在学期間中に勉学条件が変更した場合などは、学部への転部制度が利用できます。さらに高校卒業後、社会人としての実践経験と明確な問題意識をもち、大学教育を希望する社会人を対象に、一般入試とは別に社会人のための特別選抜を行っています。

入学者の受入れ方針すなわち求める学生像としては、以下の3点にまとめることができます。

  1. 英語圏を含め、様々な言語・文学・文化・社会に対する興味を抱いていること。
  2. 相手の考えを正確に理解し、自分の考えを的確に伝える努力を日本語でも英語でも出来ること。
  3. 勤労と学業を両立させる強い意思を持っていること

特徴

本学の2部は1953年開設以来、多くの優秀な人材を特に教育界に輩出しており、活躍しています。勤労学生や社会人が多いため、様々な視点からの議論などで活発な授業が行われる点が特徴と言えるでしょう。

教育方針は学部(昼間)の英米学科とほぼ同様で、少人数クラスによる高度な英語の運用能力の養成とともに、英語圏の言語・文学・文化・社会に関する専門知識の習得を目指します。

さらに授業料は学部の約半額であることで、その差額を有益に利用することができます。たとえば、多くの学生の夢である海外留学の費用に充てることが可能です。

カリキュラムの概要

第2部英米学科所属の学生は以下の5つの科目群を履修します。

専攻英語 I階程からIV階程まで設けられた段階に沿って、英語の運用能力と英語についての専門的知識を修得します。
兼修語学 ロシア語、中国語、イスパニア語、フランス語、ドイツ語の中から1つを履修し、言語運用の幅を広げます。
学科基礎科目 英語圏の社会・文化・文学・言語に関する基礎知識を習得します。
全学共通科目 専門科目を学ぶための基礎となる知識を修得します。
コース科目 3つのコース(英語学・英語研究・英語圏文化文学・法経商)の中から1つを選択し、各コースで設けられている専門科目を履修します。
ゼミナール 各コース科目の教員が主宰するゼミに所属し教員の指導のもとに専門分野を研究していきます。

科目紹介

第2部英米学科での学習の中心を成すのは、I~IVの4つの階程から構成される専攻英語です。階程ごとに講読、作文、会話を中心とした科目が用意されています。

講読
I・II階程では英文の基本的構造や多様な英語表現を適切に理解することを目指して、文学作品、時事英語、論説文など幅広いジャンルの英文を読みます。III・IV階程では英語で書かれた人文・社会科学分野の専門書を理解することに重点を置いた授業が行われます。
作文
I階程では正確な英文を書くことを目指します。さらに英文の段落構成の基礎を学び、段落単位の作文練習を行います。II階程以降は複数の段落からなる長めの英文を核練習を行い、最終的には英語です論文を作成するために必要な技能を身につけます。
会話
I階程では場面に応じて英語で情報発信するための基礎を身につけます。II階程以降はより専門的な事柄について英語で自分の考えを発表したり、ディスカッションをする練習を行います。

時間割例

1年生前期時間割
1
2
3
4
5
6 専攻語学:英語I(講読1) 兼修語学I:第2外国語(選択) 専攻語学:英語I(文法) 全学共通科目:社会心理学入門1 学科基礎:米文学史1
7 専攻語学:英語I(作文) 全学共通科目:現代の政治

専攻語学:英語I(講読2)

兼修語学I:第2外国語(選択) 専攻語学:英語I(会話)

※第2部の学生は履修制限のある科目(専攻語学・兼修語学を含む)を除く科目で、卒業までに第2部で開講している科目と同じ学部の科目(1限~5限)を36単位まで履修できます。

取得できる教員免許

免許状の種類 中学校教諭1種 高等学校教諭1種 高等学校教諭1種
免許教科 英語 英語 商業

課程について

担当教員

教員からのメッセージ

英米学科准教授 星野徳子

新たな可能性を探ろう

みなさんにとって、外国語学習とはどのようなものでしょうか?新しい言語を学ぶことは、未知の世界への扉を開き、新たな可能性を探ることだと私は思っています。私の専門は心理言語学とよばれる分野で、人が言葉を話したり、理解したり、習得するメカニズムについて研究する学問ですが、高校生の頃の私は、心理言語学という学問があることも知りませんでした。大学の授業で初めて心理言語学に触れ、言葉のメカニズムの奥深さに魅せられていきました。外大では言語・文学・文化・社会・歴史について様々な角度から学ぶことができます。その学びを通して、みなさんも未知の世界で新たな可能性を探ってみませんか?

学生からのメッセージ

第2部英米学科3年女子学生

私は21歳で社会人入試を受けこの大学に入りました。高校卒業後インドに留学し、その前後に勉強から離れた時期も長かったので、学ぶことができる喜びを常に感じています。神戸市外大は少人数制で先生との距離が近く、気軽に質問でき貴重なお話を伺えます。やる気次第で能力や可能性をどんどん高められる場です。4年間は長いと思うかもしれませんが、自分のやりたいことや将来のための努力をしていると日々があっという間に過ぎます。

第2部英米学科3年男子学生

私は母子家庭で育ったため高校卒業後は進学ではなく就職という道を選びました。しかし自分の夢を諦めきれず、神戸市外大の社会人入試を受験し、現在は勤労学生として勉強に励んでおります。第2部英米学科はとても向上意識が高い学生が多いので、友人たちと切磋琢磨しながら充実した大学生活を送ることができると思います。自分にもう一度勉強する環境を与えてくれた神戸市外大にとても感謝しています。

主な就職先(2016年3月卒業生)

(法人格省略)

  • グローリー
  • 神戸製鋼所
  • オムロン
  • バロックジャパンリミテッド
  • サンデンホールディングス
  • 荏原製作所
  • ユニチカ
  • 太陽石油
  • 神栄
  • 岡谷鋼機
  • アシックス商事
  • みなと銀行
  • あいおいニッセイ同和損害保険
  • 全日本空輸(ANA)
  • エイチ・アイ・エス
  • 日新航空サービス
  • 神戸市役所
  • 堺市役所
  • 滋賀県教育委員会(小学校教員)
  • 兵庫六甲農業共同組合 など

学生生活

課外活動ニュース

クラブなどの対外試合や学生が個人的に参加した行事等で上位に入賞し、主催者より表彰された課外活動を掲載しています。

イベント

学生生活を彩るイベントとして盛り上がる学園祭。学園祭実行委員会の学生が主体となって企画・運営しています。

語劇祭とは、各学科毎の5つの劇団が、各々の専攻語を用いて劇を上演する、本学の伝統行事です。各国のコメディ、サスペンス、悲劇と多岐にわたり、一般の方も楽しんでいただける内容となっています。