大学院教育における理念

  1. 人文社会科学の最先端をリードする研究者の養成
  2. 幅広い国際感覚と高い外国語運用能力を備えた人材の養成
  3. 社会人に対する高度な専門教育の提供
  4. 世界に開かれた大学院教育と国際的な学術交流の促進

2010年9月22日  教育研究評議会決定
2010年10月13日 研究科会議提出

大学院教育目標

(修士課程)
 修士課程論文コースにおいては、広く深い学術的知見の獲得と問題発見・解決能力の育成を目指す。
 修士課程課題研究コースにおいては、当該分野の学術動向の把握、広範な学識の習得、ないし深い異文化理解を目指す。

(博士課程)
 博士課程においては、従来の学問領域を学際的視点から再構築する、独創性と創造性を兼ね備えた研究者の育成を目指す。

2017年7月26日 教育研究評議会決定
2017年8月2日 研究科会議提出