第70回 語劇祭について 期間:2019年12月14日(土曜)・15日(日曜)

語劇祭とは、70年の歴史を持つ、本学ならではの伝統行事です。

英米、ロシア、中国、イスパニア、第2部英米学科の5つの劇団が、それぞれの専攻する言語を用いて劇を上演します。

演目選びから、衣装、照明、音響効果、舞台装置、そして語劇団ならではの日本語訳の字幕作成にいたるまで、全て学生が担当します。さらに、教員も台本の選定や発音の指導等に協力し、まさに大学をあげた行事となっています。

参加した学生からは、語学の向上はもちろん、文学作品や文化への理解が深まったという声も多く、外大の教育の一翼を担っている側面もあるイベントです。

当日は、日本語字幕がスクリーンに映し出され、内容もコメディ、サスペンス、悲劇と多岐にわたるので、どなたにも楽しんでいただけるよう工夫されています。ぜひ多くの方にご観覧いただきたく、スタッフ一同みなさま方のお越しを、お待ちしております。

日時

  • 2019年12月14日(土曜) 10時30分~19時30分
  • 2019年12月15日(日曜) 10時30分~16時30分

場所

神戸アートビレッジセンター http://kavc.or.jp/map/index.html
神戸市兵庫区新開地5丁目3番14号  電話:078-512-5500
  • 神戸高速「新開地駅」8番出口より徒歩5分
  • JR「神戸駅」ビエラ神戸口より徒歩10分
  • 神戸市営地下鉄「湊川公園駅」東改札口より徒歩15分

料金

一般(高校生以外):500円(各劇団毎)
※高校生はインターネット予約でのみ枚数限定で無料 (当日、学生証を受付で提示してください)。
※各回入替制のため、チケットは各劇団別の販売です。ご覧になりたい劇団毎にチケットをお買い求めください。

チケット購入方法

◇下記のURLよりお買い求めください。
語劇祭チケット購入ページへ
◇大学内のブース、大学生協レジにて、事前購入できます。
◇当日会場での販売は、売切れ次第終了します。

スケジュール

12月14日(土曜)

10時30分~ 受付開始・開場
11時30分~13時30分 中国語劇団 

演目:『生きてゆけ』(『救救她』 作:赵国庆)

[あらすじ]
文化大革命が終わりを告げようとしていた頃、李晓霞の進学を祝う小さな送別会が開かれた。見送る家族、友人の祝福、温かい幸せの影で彼女にはある秘密があった...。
彼女の本心はどこにあるのか、彼女はどうなるのだろうか、李晓霞と彼女を支える人々の成長のストーリー。

14時30分~16時30分 英米語劇団 

演目:『アルカディア 』(『Arcadia』 作:Tom Stoppard)

[あらすじ]
舞台は19 世紀英国、貴族のカヴァリー家の屋敷。令嬢トマシナは、家庭教師セプティマスとともに「未来を表す数式」の発見を目指す。そして、200 年後の同じ屋敷では、調査に没頭する作家ハンナのもとにクセのある来客が...
果たして19 世紀の謎は解明されるのか?真実を求める者の情熱が、時を超えて交錯する。

17時30分~19時30分 第2部英米語劇団  

演目:『SEXBOT~愛を知る~』(『SEXBOT』 作:David Philippe)

[あらすじ]
死んだ女優、ソールダッド・ザビエルの記憶が入ったクローン「プリス」。
ある日目覚めると知らない部屋にいた。
そこに突然現れたスパイの「ヴィゴ」は、プリスに、なぜ作られたのかを語る。
果たしてプリスが作られた目的とは...。彼女はその本意に従うのか。

12月15日(日曜)

10時30分~ 受付開始・開場
11時30分~13時30分 イスパニア語劇団

演目:『 猿ぐつわ 』(『La Mordaza』 作:Alfonso Sastre)

[あらすじ]
一家の絶対的権力者である父イサイーアスは、ある晩一人の男を殺した。
その瞬間を目撃した息子の妻ルイサは、誰かに話せば殺すぞと脅される。しかし父や警察への恐怖を抱えきれなくなった彼女は、秘密を家族に打ち明け始めた。
父親への服従から逃れられないこの家族は、次第に壊れだしていく。

14時30分~16時30分 ロシア語劇団  

演目:『 ワーニャ伯父さん 』(『Дядя Ваня』 作:Антон Чехов)

[あらすじ]
舞台はロシアの片田舎にある屋敷。未亡人のヴォイニーツカヤには息子ワーニャと娘ヴェーラがいた。ヴェーラは年の離れた教授と結婚、2 人の間にソーニャが生まれる。
しかし幼い娘を残しヴェーラは病死、ソーニャはワーニャ伯父さんと暮らすことになる。教授の生活を支えるため働き続けたワーニャとソーニャ。やがて教授が引退し、若く美しい後妻エレーナを連れこの屋敷に帰って来る。

問い合わせ

語劇祭実行委員会 gogeki.staff(at)gmail.com ※(at)を@に置き換えてください。

語劇団の紹介

過去のイベント

関連リンク

リンク先の内容については、神戸市外国語大学が責任を負うものではありません。