時代が大きく移り変わるなか、これまで世界を支えてきた秩序、体制が揺ぎ、新たな国際環境が生まれつつあります。絶えず変化する環境のなかで、それに応じた人材が社会に必要とされる一方、人文社会科学の価値も問い直される時期にきています。

本学では、こうした時代と社会の要請に応え、新しい知の体系の創造を担うことのできる幅広い学識と国際感覚を有する学術研究者・教育者、および高度専門職業人の育成を教育の基本方針とし、修士課程と博士課程を設置しています。

大学院入学者選抜試験では、人文社会科学の各分野における専門的知識を有するとともに社会が直面する課題に幅広い関心を持ち、国際的な場でも活動しうる外国語能力にすぐれた人材を求めます。

英語学専攻(語学領域)

「英語」という言語がどのようなものであるのかを探る、現象の記述や実験を中心とした実証的な研究や、さまざまな枠組みでの理論研究を行うための指導を行っています。

求める学生像

1. 英語や日本語をはじめ、人間の持つ言語一般について強い興味を持つ学生
2. 論理的思考力、日本語および英語の読解力と表現力、情報リテラシーを備えている学生
3. 自分で問題を設定し、それを解決するための手だてを探求していくことができる学生

    英語学専攻(文学)

      英語の高度な運用能力を身につけると同時に、外国語大学の特性を生かした複数の外国語との比較などを通して、「言葉」に対する感受性の練磨を目指します。具体的には、さまざまな文学作品をていねいに読みこみ、作品の中の「言葉」の働き方を的確に見極めることで、作家の主張を理解するとともに、その背景にある社会の風土や歴史への深い認識を獲得することを目標とします。

      求める学生像

      1. 英語圏の文学・文化に強い関心をもつ人
      2. 英語をはじめとする「言葉」一般に対する飽くなき好奇心と粘り強い探究心を備えた人
      3. 異文化について得た知識を、積極的・意欲的に社会に還元し、活用しようとする姿勢をもつ人

      英語学専攻(通訳翻訳学)

      通訳翻訳のプロセスについて理論的考察を深めるとともに、実際の具体的な通訳翻訳行為を観察・分析し、自らの通訳翻訳の実践力も高めることを目指します。通訳翻訳の対象となる言語は日本語と英語を基本とします。

      求める学生像

      1. 日本語、英語を使ったコミュニケーションにおいて十分な表現力、理解力を有する者
      2. 言語学、心理学、社会学などの知識にも関心を持つ者

      ロシア語学専攻

      高度なロシア語運用能力と幅広い教養、そして高い専門知識を持ち、日本におけるロシア研究をリードするだけでなく、国際的な舞台でも学術研究に重要な貢献をなしうるような人材の育成を目指します。

      求める学生像

      1. 自らの研究対象を徹底的に解明しようとする強い探求心と意志を持つ人。
      2. 研究者としても一市民としても高い倫理観を有する人。
      3. 既存の価値観にとらわれない柔軟性を持ちつつ、同時に謙虚に、地道に研究を続けることのできる人。

      中国語学専攻

      中国語圏の言語・文学・文化に対する高度な専門的知識と幅広い教養を持ち、全世界的な広い視野をも兼ね備えたシノロジストを養成することを目指します。そのため、自らが設定した研究課題を深く掘り下げ、徹底した分析によって問題を解決に導くとともに、それを論理的に表現するための能力を身につける訓練を行います。

      求める学生像

      1. 中国語圏の言語・文学・文化などをより深く掘り下げて学びたい人。
      2. 自らが設定した研究課題に意欲的に取り組むとともに、関連する知識を貪欲に吸収しようとする人。
      3. 将来、大学院で習得した専門的知識を活かして社会に貢献しようと考えている人。

      イスパニア語学専攻

      高度なスペイン語(イスパニア語)運用能力を基礎として、創造的な研究を行うことを目指します。スペイン語およびその背後に広がる文化的背景についての広範かつ専門的な知識を習得するとともに、人文社会科学の最先端を見据えた独創的な研究に取り組み、その成果を広く国内外に発信することのできる人材の育成を目標としています。

      求める学生像

      1. スペイン語およびスペイン語圏に関する研究に幅広く関心を持つ人。
      2. スペイン語を中心とした言語運用能力によって学術的知見の還元を目指す人。
      3. 旺盛な知的好奇心をもって、研究課題に取り組むことのできる人。

      国際関係学専攻

      国際社会の動きを幅広い専門的視点(法学・政治学、経済学・経営学、文化論)からとらえ、国境を越えて広がる複雑多岐な課題に柔軟に対応する能力を養い、国際社会の様々な分野で活躍できる人材の育成を目指しています。

      求める学生像

      1. 様々な国際的な課題に対して柔軟に対応するために必要な幅広い専門知識(法学・政治学、経済学・経営学、文化論)を習得し、異文化理解を深めようという強い意欲をもつ人。
      2. 将来、専門知識と外国語を活用して、国際舞台で働き、かつ国際社会の発展に貢献したい人
      3. 国際問題や文化摩擦などに関わる専門家や研究者を目指す人。

      日本アジア言語文化専攻

      当専攻には、「日本語」「日本文化」「アジア言語文化」の三領域があり、日本とアジアの言語・文化・社会に関する高度な専門教育を提供しています。人文社会科学の最先端をリードする研究者の養成と、幅広い国際感覚と高い外国語運用能力を備えた人材の養成を、教育の基本方針としています。

      求める学生像

      1. 研究を遂行するための語学力と基礎知識を持つ者。
      2. 日本とアジアの様々な言語・文化に広い関心を持つ者。
      3. 日本とアジアの言語・文化・社会に関心を持つ社会人、および留学生。

      英語教育学専攻

      The GSELER program is designed for working teachers at all levels who choose to develop further as professionals.
      This program has following 5 pillars:
      1. Language proficiency
      2. Reflexivity in view of understanding self and the learner
      3. Theory and practice in SLA
      4. Technology in education
      5. Intercultural understanding

      Admission Policy

      This program is unique in its focus on developing dedicated autonomous practitioners. Candidates best suited for this program should have some previous teaching experiences and a desire to develop according to the listed five pillars.