奨学金・授業料減免

奨学金

奨学金制度には、貸与(卒業後返還の必要がある奨学金)と給付(返還の必要がない奨学金)の2種類があります。本学で取り扱っている貸与奨学金には、日本学生支援機構や地方自治体等の奨学金制度があり、給付奨学金には三木瀧蔵奨学財団、中西奨学会、山村育英会、木下記念事業団、寺浦奨学会等があります。

奨学生募集の告知や奨学金に関する連絡事項は全て掲示で行いますので、奨学金関係の掲示板を定期的に確認するように注意してください。 なお、奨学生募集時期は、4月に集中しています。

1.貸与奨学金

日本学生支援機構

大学院
奨学金種別貸与月額

第一種奨学金

(無利子貸与)

修士 50,000、88,000
博士 80,000、122,000

第二種奨学金 (有利子貸与)

50,000、80,000、100,000、130,000、150,000
学部・2部
奨学金種別貸与月額

第一種奨学金

(無利子貸与)

自宅 30,000、45,000
自宅外 30,000、51,000

第二種奨学金 (有利子貸与)

30,000、50,000、80,000、100,000、120,000

日本学生支援機構ホームページ

日本学生支援機構への奨学金申し込みはこちら(日本学生支援機構のサイトへリンクしています)

貸与中の異動

在学中、以下の各種変更が必要な事由が発生した場合、速やかに学生支援班まで来てください。所定期日までに提出がない場合は、延滞金・超過振込金が発生したり、貸与開始の遅延等不利益を被ったりする場合がありますので、注意してください。

休学 辞退 月額変更(増額、減額) 住所変更
復学 留学 利率の算定方法の変更 改氏名
退学 転学部 連帯保証人、保証人の変更 口座変更
奨学金継続願の提出
毎年1月上旬、継続願の入力を通じ、機構が、あなたの家計の「収入」と「支出」のバランスを確認することにより、現在の奨学金貸与月額が適格であるかどうかを判断します。同時に学業成績についても判定し、成績不振による留年の場合は、次年度の奨学金は1年間停止となります。
奨学金の返済
貸与終了(満期、辞退、退学、廃止等)の翌月から数えて7ヶ月目の月(3月に貸与終了した場合は10月)の27日から返還が始まります。貸与終了後、引き続き在学する場合、「在学届」を提出することにより返還が猶予されます。留年や休学などにより最短修業年限を超える場合は1年ごとに「在学届」の提出が必要です。
特に優れた業績による返還免除
大学院において第一種奨学金の貸与を受けた学生であって、在学中に特に優れた業績を挙げた者として日本学生支援機構が認定した場合には、貸与期間終了時に奨学金の全部又は一部の返還が免除される制度です。

地方自治体奨学金制度

各地方自治体が出身学生を対象に行う、貸与奨学金制度が主流です。本学に募集案内のある場合は奨学金関係の掲示板に告知しますが、詳細は出身自治体の教育委員会等に問い合わせてください。

2.給付奨学金

2017年度に募集のあった給付奨学金一覧

※毎年、変更する可能性があります。詳細は、掲示板等で確認してください。

授業料の減額・免除制度

1.減免の額

授業料の全額または半額とします。

2.減免対象者

生活保護法による生活扶助を受けている学生、または授業料の納付に困難をきたしている学生のうち、別に定める所得・学業成績基準を満たしている学生。

☆ただし、単位修得不足による留年者、及び入学後6カ月を経過していない者は除きます。
☆外国人留学生(学部生・院生)の減免については、学生支援班に問い合わせてください。

3.減免の基準

学業成績が優秀であり、かつ総所得金額が取扱要領に定める基準額以下のものについて、減免の適格者を決定します。ただし、総所得金額が基準額を超えている場合でも、学資を主として負担している者が、天災その他の災害等により授業料の納付が困難であると認められる場合は、その事情を考慮して決定します。

4.申請時期

申請の時期は、原則前期分は1月、後期分は6月です。希望者は所定の申請書に諸証明を添えて受付期間内に学生支援班に提出してください。

問い合わせ先

神戸市外国語大学 学生支援・教育グループ 学生支援班
〒651-2187 神戸市西区学園東町9丁目1
電話:078-794-8131 FAX:078-794-8338