英米学科教授
エグリントンみか (エグリントンみか)
Professor
Mika EGLINTON

MESSAGE

私の専門は英語演劇、特にシェイクスピア作品を中心にした前近代から今日におよぶ英国演劇ですが、アジアやヨーロッパの演劇はもちろん、ドラマ、パフォーマンスと呼ばれるあらゆる現象に興味を持っています。これまで役者、演出家、 翻訳家、ドラマターグ、 批評家として芝居作りに関わり、数々の国際演劇祭にも足を運んできました。
学生の皆さんには、興味をそそられる作家、「なぜ?」と問わざるを得ない問題を含んだ作品を見つけ、それらにまつわる情報を収集し、分析しながら、皆さん独自の答え、思考の道筋、研究方法を開拓していってもらいたいです。ぜひ開拓の苦楽を分かち合いましょう。

My areas of research include early modern and contemporary British drama, with particular emphasis on productions of Shakespeare in both European and East Asian contexts. I am interested in all aspects of performance and have been involved in the creation of theatre as an actor and a director. I continue to work as a translator, dramaturg and critic on a range of international theatre projects and festivals.
I hope that the authors you encounter in my classes will inspire you; that their works will prompt challenging questions; and that through research, experiment and critical thinking you will enjoy the quest for answers. I look forward to embarking on this creative journey with you.

最終学歴(学位) Degrees

東京大学大学院人文社会研究科英語英文学博士課程満期修了
ロンドン大学ロイヤルホロウェイ校演劇学博士課程修了

研究分野 Research Field

専門研究分野

1) 英語演劇、特に英国近現代?現代演劇  
English drama, particularly early modern and contemporary drama   

2) 日英比較演劇、特に「アジア」におけるシェイクスピア演劇の受容
English and Japanese comparative drama, in particular productions of Shakespeare in Japan and East Asia

3)パフォーマンス・スタディーズ
Performance Studies

4) 演劇実践
翻訳(特に日-英、英-日戯曲翻訳)、ドラマターグ、演劇批評
Actively involved in the creation of theatre as a translator, dramaturg and critic

教育研究業績 Recent Publications and Presentations

教育研究活動報告書(452K)