英米学科教授
エグリントンみか (エグリントンみか)
Professor
Mika EGLINTON

MESSAGE

私の専門は英語演劇、特にシェイクスピア作品を中心にした前近代から今日におよぶ英国演劇ですが、アジアやヨーロッパの演劇はもちろん、ドラマ、パフォーマンスと呼ばれるあらゆる現象に興味を持っています。これまで役者、演出家、 翻訳家、ドラマターグ、 批評家として芝居作りに関わり、数々の国際演劇祭にも足を運んできました。
学生の皆さんには、興味をそそられる作家、「なぜ?」と問わざるを得ない問題を含んだ作品を見つけ、それらにまつわる情報を収集し、分析しながら、皆さん独自の答え、思考の道筋、研究方法を開拓していってもらいたいです。ぜひ開拓の苦楽を分かち合いましょう。

My areas of research include early modern and contemporary British drama, with particular emphasis on productions of Shakespeare in both European and East Asian contexts. I am interested in all aspects of performance and have been involved in the creation of theatre as an actor and a director. I continue to work as a translator, dramaturg and critic on a range of international theatre projects and festivals.
I hope that the authors you encounter in my classes will inspire you; that their works will prompt challenging questions; and that through research, experiment and critical thinking you will enjoy the quest for answers. I look forward to embarking on this creative journey with you.

最終学歴(学位) Degrees

東京大学大学院人文社会研究科英語英文学博士課程満期修了
ロンドン大学ロイヤルホロウェイ校演劇学博士課程修了

研究分野 Research Field

専門研究分野

1) 英語演劇、特に英国近現代?現代演劇  
English drama, particularly early modern and contemporary drama   

2) 日英比較演劇、特に「アジア」におけるシェイクスピア演劇の受容
English and Japanese comparative drama, in particular productions of Shakespeare in Japan and East Asia

3)パフォーマンス・スタディーズ
Performance Studies

4) 演劇実践
翻訳(特に日-英、英-日戯曲翻訳)、ドラマターグ、演劇批評
Actively involved in the creation of theatre as a translator, dramaturg and critic

主要論文 Major Publications

英語論文
'Performing Constraint through Yojohan: Yamanote jijosha's Titus Andronicus,' Shakespeare Studies 49 (Tokyo: the Shakespeare Society of Japan, 2012) 12-28.

'Performing "Women" in "Asia," Ong Keng Sen's Shakespearean Trilogy: Lear, Desdemona and Search Hamlet,' Theatre and Film Studies 2011 (Tokyo: Waseda University, 2012) 95-121.

'Metamorphoses of "Shakespeare's Lost Play": A Contemporary Japanese Adaptation of Cardenio,'Shakespeare vol.7.no. 3, Special Issue on Shakespeare and Fletcher, Ed. Clare McManus and Lucy Munro (London: Routledge, 2011) 335-43.

'Interview with Satoshi Miyagi, Ku Na'uka's Hamlet,' Asian Theatre Journal 28.1 (2011) 234-43.

'Deguchi Norio,' The Routledge Companion to Directors' Shakespeare. Ed. John Russell Brown (London: Routledge, 2008) 54-68.

日本語論文
「'The loss of our desire!' The Two Noble Kinsmenにおける欲望とその喪失」、『神戸外大論叢』第63巻、2013年3月、95-105頁。

「劇場文化のポリティクスと英国地方都市----ブレア政権の多文化主義から'Broken Britain'へ」、河島伸子、大谷伴子、太田信好編『イギリス映画と文化政策 ブレア政権以降のポリティカル・エコノミー』、 慶応義塾大学出版会、2012年10月、49-68頁。

「トップ・ガールズのフェミニズム ----キャリル・チャーチルの仕事をめぐって」、川端康雄ほか編『愛と戦いのイギリス文化史II』、慶応義塾大学出版会、2011年9月、187-201頁。

「連立政権下の緊縮政策という『暴動』の中で、英国社会と演劇界の現在進行形」『シアターアーツ 』45(AICT 2011年 秋号)88-94頁 。

「リボンと血痕――『タイタス・アンドロニカス』におけるラヴィニアの表象」、『映像演劇学2010』(早稲田大学演劇博物館グローバルCOE 2011年) 21-44頁。

日英翻訳

Tadasu Takamine, co-translated subtitles for Japan Syndrome (Kyoto and Mito versions) for Tadasu Takamine's Cool Japan at the Art Tower Mito (22/12/2012~17/02/2013).

Noda Hideki adapted, translated subtitles for Noda Hideki's A Midsummer's Night Dream at the Shizuoka Performing Arts Centre, Shizuoka, June 2011(directed by Satoshi Miyagi), A|SI|A Asian Shakespeare Intercultural Archive, www.a-s-i-a-web.org (2013).

Olivier Py and Oriza Hirata, translated subtitles for Epistles to Young Actors at the Shizuoka Performing Arts Centre,Shizuoka, June 2010 (directed by Satoshi Miyagi).

Juro Kara, translated subtitles for Two Women at the Shizuoka Performing Arts Centre, Shizuoka, July-August 2009 (directed by Satoshi Miyagi).

Miyazawa Akio, Motor Cycle Don Quixote, at the Red Brick Warehouse, Yokohama, May 2006. http://www.fas.harvard.edu/~cardenio/japan-home.html

英日翻訳
アンドレアス・ホーベルト 作、ポストシアター『ヘヴェンリーベントー』、青山円形劇場、字幕、2012年7月。

オン・ケンセン/シアターワークス、『ハムレットを探せ』A|SI|A Asian Shakespeare Intercultural Archive, www.a-s-i-a-web.org (2010).

アントニー・ハンプトン/ロトザザ、『ぐるぐる』上演台本、ブリティッシュ・カウンシル、東京見本市TPAM(Tokyo Performance Arts Market)共催、於座・高円寺、3月。Camden People's Theatre, London. 2010年3月。

スレイマン・アルバッサーム『アル・ハムレット・サミット ―政治的アラベスク―』、『舞台芸術』07号(月曜社 2004年12月)263-99頁。東京国際芸術祭、2004年2月於パークタワーホール。

ルストム・バルーチャ「マニラのジュネ――時代のカオスを奪還せよ」、『舞台芸術』4(月曜社2003年8月)43-62頁。

所属学会 Academic Associations

日本シェイクスピア協会、英国シェイクスピア学会、国際シェイクスピア学会
日本英文学会、国際パフォーマンス学会、ヨーロッパ日本学学会
国際演劇学会、国際演劇批評家協会

担当授業科目 Classes

英詩演劇特種講義、英語戯曲精読、英語短編小説、英語作文・会話、時事英語

教育研究活動報告書(最近5年) Recent Publications and Presentations

教育研究活動報告書 [452K]