ロシア学科准教授
藤原潤子 (ふじわらじゅんこ)
Associate Professor
Junko FUJIWARA

最終学歴(学位) Degrees

大阪外国語大学大学院言語社会研究科言語社会専攻博士後期課程 修了(学術博士)

研究分野 Research Field

文化人類学、ロシア研究

主な著書・訳書等 Books

『呪われたナターシャ:現代ロシアにおける呪術の民族誌』人文書院、2010年、単著。

『極寒のシベリアに生きる:トナカイと氷と先住民』新泉社、2012年、共著。

『途絶する交通、孤立する地域』東北大学出版会、2013年、共著。

『水・雪・氷のフォークロア:北の人々の伝承世界』勉誠出版、2014年、共編著。

『シベリア:温暖化する極北の水環境と社会』京都大学出版会、2015年、共編著。

主要論文 Major Publications

「 ロシア・カレリア地方に生きる一女性の人生と呪術:ナターシャ・クルチーニナの不幸をめぐる民族誌資料 」 『東北アジア研究』7号、東北大学東北アジア研究センター、2003年、33-69頁。

「 現代ロシアにおける呪術の媒体とその機能:活字化された呪術書をめぐる今日的状況 」 『説 話・伝承学』12号、説話・伝承学会、2004年、149-165頁。

「 現代ロシアにおける呪術の語り」 『スラヴ研究』51号、北海道大学スラブ研究センター、2004年、355-371頁。

"<Настоящее> и <ненастоящее> в русской магической традиции: Пересмотр фольклорной практики", Живая старина, No.2 , Центр русского фольклора, 2004, p.16-22.

「 シベリアの呪術師」への相談から見た現代ロシアの社会問題 、 『ユーラシア研究』30号、 ユーラシア研究所、東洋書店、2004 年、8-13頁。

「 現代ロシアにおける宗教的求道と「歴史」の選択:カタコンベ正教会のネオ旧教徒たち 」 『宗教と社会』14号、「宗教と社会」学会、2008年、45-68頁。

「 現代ロシアにおける呪術ブームの生成:呪術研究と呪術実践の交差点から 」『ポスト社会主義人類学の射程(国立民族学博物館調査報告№78)』国立民族学博物館、2009年、309-329頁。

Rediscovery of the 'Reality' of Magic: Revival of Magic in Post-Socialist Russia. Inner Asia, No.12, University of Cambridge. 2010, p.143-156.

所属学会 Academic Associations

日本文化人類学会、「宗教と社会」学会、日本ロシア文学会、ロシア史研究会、説話・伝承学会

担当授業科目 Classes

専攻ロシア語Ⅰ、専攻ロシア語Ⅲ講読、ロシア学入門、ロシア文化入門、ロシア文化特殊講義、ロシア文化研究、研究指導

教育研究活動報告書(最近5年) Recent Publications and Presentations

教育研究活動報告書[205K]