総合文化教授
福田嘉一郎 (ふくだよしいちろう)
Professor
Yoshiichiro FUKUDA

最終学歴 Degrees

京都大学文学部文学科卒業(文学士)
京都大学大学院文学研究科修士課程(国語学国文学専攻)修了(文学修士)

研究分野 Research Field

日本語の文法論を中心とした研究を行っている。特に近代語という観点に基づき,中世から現代に至る日本語を主な研究の対象としている。具体的な研究テーマとしては,活用,アスペクト・テンス,説明の形式,条件表現などがある。

Studies in Japanese grammar (syntax, morphology).

主要論文 Major Publications

現代日本語の動的述語のテンポラリティについて. 単著. 2005年11月, 神戸市外国語大学研究会. 神戸外大論叢. 第56巻第6号, p.1-10.

条件表現の範囲―古典日本語の接続助詞バをめぐって―". 単著. 2006年10月, 益岡隆志編, 『条件表現の対照』. くろしお出版, p.47-63.

近松世話浄瑠璃に見られる感謝・謝罪の表現. 単著. 2009年3月, 野田尚史編, 『日本語の対人配慮表現の多様性』, 平成17年度~平成20年度科学研究費補助金 基盤研究(B)研究成果報告書 (課題番号17320072). p.209-217.

所属学会 Academic Associations

日本語学会、日本語文法学会

担当授業科目 Classes

(学部):日本語の文法 日本語学研究 研究指導
(大学院修士課程):日本語研究
(大学院博士課程):日本語文法研究

(Undergraduate)Japanese Grammar, Studies in Japanese Linguistics, Research Supervision Seminar
(Graduate)Studies in Japanese Linguistics

教育研究活動報告書(最近5年) Recent Publications and Presentations

研究教育活動報告書 [218K]