総合文化准教授
林範彦 (はやしのりひこ)
Associate Professor
Norihiko HAYASHI

MESSAGE

中国南部から東南アジア大陸部北部地域のことばをフィールドワークしながら研究しています。これまでは言語学という学問領域から少数民族のことばのあり方やうつろいをみつめてきました。今後も言語学を主軸にしながら、さらにアジア地域におけることばとくらし、ことばと社会、民族と生態環境のかかわりなどを広く深くとらえていきたいと考えています。本学でアジアのことば・文化・社会に関心のある方々との出会いを楽しみにしています。

最終学歴 Degrees

京都大学文学部人文学科言語学専修卒業(学士)

京都大学文学研究科行動文化学専攻言語学専修修了(修士)
京都大学文学研究科行動文化学専攻言語学専修博士後期課程研究指導認定退学
京都大学文学士(2000年), 京都大学文学修士(2002年), 京都大学博士(文学, 2007年)

研究分野 Research Field

言語学を専攻する。専門領域は東アジア・東南アジア大陸部の諸言語である。
中国雲南省で話されるチベット・ビルマ系言語であるチノ語の記述言語学的研究を中心に、東南アジア大陸部北部地域(タイ文化圏)の諸言語の地域言語学的研究を行っている。フィールドワークを手法とする記述言語学・言語類型論・歴史言語学(比較言語学・言語接触論)からこれらの諸言語にアプローチしている。また記述言語学と言語理論(生成文法・認知言語学等)の有機的な連携にも強い関心がある。

Tibeto-Burman Linguistics and Southeast Asian Languages

主な著書・訳書等 Books

『チノ語文法(悠楽方言)の記述研究』 単著. 2009年3月, 神戸市外国語大学外国学研究所. 研究叢書(第43冊). p.217.

主要論文 Major Publications

「ロロ=ビルマ祖語が現代チノ語に与えた影響について」 単著 2002年3月. 『京都大学言語学研究』第21号, 311-335.

「漢語對基諾語的影響--語法方面--」. 単著 2005年3月. 『京都大学言語学研究』第24号, 211-220.

「チノ語悠楽方言」 単著. 2006年3月. 中山俊秀・江畑冬生(編) 『文法を描く1―フィールドワークに基づく諸言語の文法スケッチ―』東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所. 243-270.

「チノ語悠楽方言の記述的研究」 単著. 2007年3月. 京都大学文学研究科博士論文.

「チノ語の疑問文末に現れる3つの助詞について」 単著. 2007年6月. 『言語研究』第131号, 45-76.

The Historical Development of Youle Jino. 単著. 2009年9月. In Yasuhiko Nagano (ed.), Issues in Tibeto-Burman Historical Linguistics (Senri Ethnological Studies 75). pp. 255-280. Suita: National Museum of Ethnology.

The so-called possessive marker in Youle Jino. 単著. 2010年12月. In Dai Zhaoming and James A. Matisoff (eds.), Forty Years of Sino-Tibetan Language Studies (《汉藏语研究四十年》). pp. 153-167. Harbin: Heilongjiang University Press.

「条件節・理由節・時点節の連続性について-- チノ語悠楽方言を例として--」 単著. 2012年3月. 『地球研言語記述論集4 大西正幸博士還暦記念号』 pp.165-184. 京都: 総合地球環境学研究所.

「基诺语补远话音系简介」 単著. 2013年3月. 太田斎・古屋昭弘両教授還暦記念中国語学論集刊行会(編)『太田斎・古屋昭弘両教授還暦記念中国語学論集』pp. 383-393. 東京: 好文出版.

A Sketch of Buyuan Jino Tones and Their Development. 単著. 2013年3月. 『アジア言語論叢 9』 pp.19-36. 神戸: 神戸市外国語大学外国学研究所.

「ロロ・ポ語音論の予備的研究」千田俊太郎・白田理人(編)『地球研言語記述論集7』 pp. 171-205. 2015年3月. 京都: 総合地球環境学研究所.

Origin of Jino Fricatives. Bulletin of Chinese Linguistics. 8:61--77. 単著. 2016年1月. Leiden: Brill.

所属学会 Academic Associations

日本言語学会、日本中国語学会

担当授業科目 Classes

(学部・2部):言語学入門、言語学「第1」1・2, 言語学「第2」1・2, 言語学研究1・2, アジア言語文化「第1」1・2, アジア言語学「第2」1・2
(大学院修士課程):言語学特殊研究、アジア言語研究、アジア言語演習
(大学院博士課程):アジア言語演習

Introduction to Linguistics, Linguistics, Studies in Linguistics, Asian Languages and Cultures, Studies in Asian Languages

Special Studies in Linguistics, Studies in Asian Linguistics, Practice in Asian Languages

教育研究活動報告書(最近5年) Recent Publications and Presentations

教育研究活動報告書[305K]