ロシア学科准教授
金子百合子 (かねこゆりこ)
Associate professor
Yuriko KANEKO

ykaneko@inst.kobe-cufs.ac.jp

最終学歴(学位) Degrees

神戸市外国語大学外国語学部ロシア学科(文学士)
神戸市外国語大学大学院外国語学研究科ロシア語学専攻(文学修士)
東京大学大学院人文社会系研究科欧米系文化研究専攻(文学博士)

研究分野 Research Field

主に現代ロシア語のアスペクトと動詞語形成を研究対象とし、以下の課題に取り組んでいる。 (1)文法アスペクトと動詞語彙意味や接辞派生による語形成意味との関係性、アスペクトと隣接する諸分野(テンス・モダリティ他)との相関性、テクスト構成上の役割といった側面から、アスペクトの機能意味分野を体系化すること、 (2)対照言語学的視点から、ロシア語と日本語のアスペクト表現における多様な個別言語的特徴を関連づけて体系化すること。

Modern Russian grammar, Aspectology, Word-formation, Contrastive linguistics

主要論文 Major Publications

Канэко, Ю. (2015) Употребление «Нестандартных» видовых форм японского языка в переводе русской художественной литературы, Глагольный Вид: грамматическое значение и контекст (Die Welt der Slaven. Sammelbände - Сборники 56), München : Verlag Otto Sagner, pp. 297-308.(単著)

Kaneko, Y. (2014) The aspect-tense interactions in present tense in narrative texts of Russian and Japanese, 『ロシア語研究』,No.24,pp. 55-70.(単著)

Kaneko, Y. & Petrukhina, E.V. (2013) Aspectual classes of verbs: universal and idioethnic features (Russian and Japanese), Japanese Slavic and East European Studies, Vol.34, pp. 73-94.(共著)

金子百合子(2005)「ロシア語アスペクト体系における意味的優勢素と開始表現-日本語に映し出される姿-」『ロシア語ロシア文学研究』,37号, pp. 25-33.(単著)

Канэко, Ю, Петрухина, Е.В. (2004) Аспектуальная семантика в глагольных системах русского и японского языков, Вопросы языкознания, М., No.4, сс.19-33. 2004. (共著)

所属学会 Academic Associations

日本ロシア文学会、日本ロシア語教育研究会、Japanese Society for Slavic and East European Studies

担当授業科目 Classes

(学部):専攻ロシア語 ロシア語学入門 ロシア語学特殊講義 研究指導
(大学院):ロシア語学研究 アジア言語演習

Elementary Russian for Russian Majors, Composition for Russian majors, Introduction to Russian Linguistics, Lectures on Russian Linguistics, Research Supervision Seminar; Russian Linguistics, Asian Linguistics (Modern Russian)

教育研究活動報告書(最近5年) Recent Publications and Presentations

教育研究活動報告書[313K]