ロシア学科教授
北見諭 (きたみさとし)
Professor
Satoshi KITAMI

最終学歴 Degrees

早稲田大学大学院文学研究科ロシヤ文学専攻博士後期課程単位取得後退学

研究分野 Research Field

ロシアの20世紀文化、とりわけ革命前後の「ロシア・ルネサンス」と呼ばれる時代の文学や哲学を中心に研究しています。この時代、ロシアでは文学、芸術、哲学、宗教、科学など、さまざまな分野で多彩な人材が登場し、ロシア文化は史上まれにみる高揚期を迎えることになります。それが「ロシア・ルネサンス」と呼ばれる現象です。ところで、この時代は19世紀を通じて蓄積されてきた近代化の矛盾が世界的なレベルで限界に達した時代であり、行き場を失った矛盾はやがて世界戦争や革命となって爆発します。ロシアの知識人は、世界的な地殻変動を予感していたかのように、すでにその前夜からさまざまな形で時代の危機意識や不安を、そして新たな時代を求める危うい希望を表現していきます。そうした言葉を考察しながら、世紀末ロシアの知識人たちの思考様式を辿りつつ、それを規定している歴史的・構造的要因を明らかにするように努めています。

Russian Literature, Philosophy and Culture of 20-th Century

教育研究業績 Recent Publications and Presentations

教育研究業績はこちら