在学生の方大学案内市民・一般の方広報・事務局からのお知らせ教職員

2016年8月19日

2015年度の業務実績評価(神戸市公立大学法人評価委員会)について

本学は2007年4月に公立大学法人となり、毎年度、中期計画(6か年)の進捗について、神戸市公立大学法人評価委員会の評価を受け、結果を公表されることとなっています。

8月4日に、2015年度の業務実績評価を受け、全体として「ほぼ順調に進捗している」との結果となりました。特に高度な外国語運用能力と幅広い知識に基づく実践的な発信力の強化、海外の教育機関との交流・連携の拡充、教育研究環境の整備の3項目で、「S(特筆すべき進捗)」と高い評価を受けました。

2016年度は、第2期中期計画期間の4年目にあたり、中期計画の確実な遂行を目指して、個性的で魅力ある大学づくりを進めます。

平成27年度公立大学法人神戸市外国語大学の業務実績に関する評価結果(抜粋)

全体評価

平成27年度は第2期中期計画の3年目として、理事長のリーダーシップのもと役員・教職員が一体となり、中期目標および中期計画の確実な達成に向けて、種々の大学改革と自律的・効率的運営に取り組んだ結果、主に次のような成果が認められた。

 「国際的に通用する人材の育成」の項目では、一部授業において能力別クラスを試行実施し、前年度には実施できなかった新たな教育支援事業を開始した。また、創立70周年記念事業として、模擬国連世界大会を市会本会議場でも開催することを決定したほか、アクティブラーニング教室やスチューデントコモンズの整備による自発的な学修支援が行われている。加えて、全国大学生マーケティングコンテストの継続開催により学生のプレゼンテーション能力向上を図っている。
 さらに、学生への支援として授業料減免の適用基準を見直したほか、新たに、キャリアサロン(第2学舎)や就職活動を行う学生のためのサテライトキャンパス(東京・大阪)を設ける等、きめ細やかな就職支援等により、就職内定率は引き続き全国平均を上回る高い水準で推移している。

 「高度な学術研究の推進」の項目では、科学研究費補助金の申請を促進する取り組みにより新規申請件数が増加しており、使途に関してもアドバイジング窓口により継続的な支援が行われている。
 また、研究不正検証委員会の提言を踏まえ、査読制度の導入や教職員への研修を徹底するなど、研究不正防止体制の構築に真摯に取り組んでいる。 そして27年度も海外大学との学術提携が締結されており、大学内外での研究活動の場は着実に広がっている。

 「地域貢献」の項目では、図書館の市民利用期間をさらに拡充したほか、市民向けセミナーや講演会の開催、小中高校の現職教員の英語指導力向上を図るための支援など、大学が持つ知的資源を様々な形で地域社会に還元する取り組みが行われている。
 また、全国7つの外国語大で発足した全国外大連合とラグビーワールドカップ2019組織委員会とで、通訳ボランティア派遣や大会運営に必要な人材育成等で相互に協力する旨の連携協定を締結しており、神戸でも開催される試合等での活動が期待されるほか、学生が神戸市交通局で英会話教室を開催するなど、神戸市の外国語大学ならではの地域貢献活動が展開されている。
 さらに、地元企業商品の販売促進等をテーマとした全国大学生マーケティングコンテストの開催は第5回を数え、地元企業との連携と学生のプレゼンテーションスキル向上を図っている。

 「国際交流」の項目では、手厚い留学支援制度「荻野スカラシップ」の更なる充実を図ったほか、学生生活調査結果を反映し新たに短期留学補助制度の新設を決定している。交換協定大学も順調に増やしており、過去最高の交換・長期派遣留学生が派遣されるなど、学生の留学促進を積極的に図っている。
 外国人留学生の受け入れについても、留学生向け住宅の法人借り上げ制度構築や「JLPパートナー制度」の新設など、ハード・ソフト両面からの支援充実に取り組んでいる。
 また、国連アカデミックインパクトへの加盟により、世界各国の高等教育機関同士の連携やネットワーク構築を進めている。

 「柔軟で機動的な大学運営」の項目では、大学の教育活動や地域貢献、管理運営について多面的な分析等を行うためIR担当の副学長を、PR活動をより効果的に行うために広報担当の学外理事をそれぞれ新たに任命した。
 また、第2学舎増築でアクティブラーニング教室やスチューデントコモンズの整備を行い教育環境を充実させたほか、オープンキャンパスに精力的に取り組み過去最多の入場者を数え、地元高校生を対象とした入試説明会を開催するなど、積極的な広報発信が行われている。さらに、職員のスキルアップや英語能力向上支援、外部研修の開催など人材育成対策にも鋭意取り組んでいる。

 以上のような取組状況を踏まえ、総合的に評価した結果、中期目標・中期計画の達成に向けてほぼ順調に進捗していると認められる。
 第2期中期計画の着実な達成に向け、PDCAサイクルを確実に実行し自律的・効率的な大学運営を行い、社会の様々な分野で活躍できる「行動する国際人」を養成するため、神戸市外国語大学の伝統を活かして、魅力ある大学づくりに引き続き取り組まれたい。

  

項目別評価(略)


経営企画グループ 企画広報班 TEL: 078-794-8104

リンク

関連リンク