ボランティアコーナー

近年は少子高齢化による地域活動の担い手不足や、外国人観光客への対応などを理由に、ここ神戸でも学生ボランティアによる地域活動への参加に大きな期待が寄せられています。また、学生にとってもボランティア活動に参加することで、大学にいるだけでは気づかない社会の問題に気づき、世代の異なった地域の人々との関わりを通じて視野を広げることができます。本学では、学生がボランティア活動に関心をもち、活動に踏み出すための情報提供や活動の支援を行うためにボランティアコーナーを設置しています。ボランティアコーナーでは、ボランティアコーディネーターやボランティア経験のある学生スタッフが情報の提供、相談、指導等の活動支援を行っています。

「外大生ならではのスキルとキャリアを、 温かいハート で社会に生かそう!」

下記のような取り組みを通じ、学生のボランティア活動をサポートしています。

  1. ボランティア活動の企画と実施
  2. ボランティアに関連した講習会の開催
  3. 各種ボランティア情報の提供
  4. ボランティア活動者の派遣
  5. ボランティアに関する相談の受付
  6. 学生ボランティア系サークルのとりまとめ
  7. 障がい学生への支援・・・今までには、視覚障がい学生支援として、教科書のテキストデータ変換、聴覚障がい学生支援としてノートテイクの活動実績があります。

専任職員1人に加え、学生スタッフ20数人がこれらを担当します。学生の目線を大事にしたコーナーの運営を心がけています。

運営時間

月・水・金曜:12時~17時
火・木曜  :14時~19時
※ただし、長期休業中は 火・木曜 :12時~17時

場所

第2学舎 1階 ボランティアコーナー

TEL&FAX

078-794-8156

e-mail

kiba#ug.kobe-cufs.ac.jp #を@に変更してください

学生スタッフブログ(ボランティアコーナーの学生スタッフが運営しているブログです)

http://ameblo.jp/kobe-cufs-vc/

Twitter https://twitter.com/kcufs_vc
フェイスブックページもあります。「ボラコ学生スタッフ(神戸外大)」で検索してみてください

こんなところに落とし穴!留学・海外渡航相談会~意外と知らない海外リスク~

海外渡航時のリスク回避のため、先輩方の体験や知恵を集めた冊子を作りました。ぜひご参考に!

留学・海外渡航相談会
留学・海外渡航相談会ー意外と知らない海外リスクー

目指せ、全員ボランティア!

ボランティアコーディネーター 木場佳壽子

だれもが安心して最低限の文化的生活を送ることは、憲法にも保障された基本的な人権ですが、行政のサービスだけではなかなか実現されないのが現状です。もちろん行政サービスが改善される必要はありますが、そのための財源には制約があり、また、問題が社会的に認知されるためにはそれなりの時間がかかります。そこで、同じ社会に暮らす者同士の互いの助け合い=ボランティアが必要になってきます。

ボランティアと言うと、とかく自発性や奉仕の精神が強調されがちですが、現代社会にふさわしいボランティア像はこれとは少し違ったものだと思います。ボランティアに自発性がなにより尊重されると、逆にボランティアに関心がなければ関わらなくてよいことになってしまいます。社会の経済的支え手が多く存在し、専業主婦がお互いの交流サロンのようにボランティアに参加すればよかった時代ならそれでもよかったのでしょうが、もはやそうではありません。だれもが社会の一構成員としてあたりまえのように助け合いの輪に参加することが求められています。

また、ボランティアへの参加の仕方は「奉仕」という言葉の持つ宗教的な背景や、お手伝いをする側とされる側という役割が固定化される概念からもっと自由になってよいと思います。特定の宗教を持っていても持たなくても、一市民の役割として積極的にボランティアに関わってほしいですし、その際にはお手伝いをする人も、これを受ける人も対等の関係で心地よい時間を共有したいものです。

学生達にとっては、ボランティア活動に参加することで地域の社会的な問題に気づいたり、大学やアルバイト先だけでは知り合えない方々と交流でき、視野を広めることができます。また、なにより同じボランティア活動を通じて、一緒に悩み、考え、笑い合える楽しさがあるとボランティア経験者の学生達は声を揃えます。お手伝いをすることで誰かに喜んでもらえる以上に、学生本人にとって多くの糧をもたらしてくれる実践的学びの場、それがボランティア活動です。

【地域のみなさんへ】
お手伝いが必要なときには、お気軽にご相談ください。
ご連絡、お待ちしています。

ボランティア・コーナー学生スタッフ代表 国際関係学科 松田華織

「ボランティアってお給料出ないんでしょ?同じ時間使うならバイトした方がいいやん」そう思ってらっしゃる方もいるかもしれません。しかし私は胸を張って言いたいと思います。「ボランティアにはお金には変えられない出会いと経験があるんです!」と。

私自身、ボランティア活動を通して今まで多くの方と出会い、たくさんの刺激を受けてきました。例えば、2年間継続的に参加している中学生対象の学習支援ボランティアは私に教育というものに対する見方を大きく変える契機を与えてくれました。そこでの発見から、私は日本以外での教育を学びたいと思うようになり、留学を決めました。そして、卒業後は教育の将来像について考え、教育を変えていける研究者になりたいと思うようにもなりました。

一つ一つのボランティア活動に一期一会の出会いがあり、そこから自分の中で気づきが生まれます。それが経験となり、刺激となり、自分の成長の糧につながっていくのです。

「誰かを笑顔にする手助けをしながら、自分も得るものがある、一石二鳥の活動がボランティア!」これが私の2年間で至った結論でもあります。

皆さんもそこでしか得られない出会いと経験を得に、ボランティア活動してみませんか?

2017年度ボランティアコーナー活動実績 (2017年4月~2018年3月)

  • ボランティア活動への学生派遣人数 延べ1,013人
  • ボランティア情報配信希望 登録学生数 1,107人
学外活動
分野 活動名 主催 内容 人数 分野別人数
子どもの教育・生活 学園東町なかよしのお楽しみ会 ボランティアコーナー学生スタッフ 障がいのある子どもの遊びを企画、運営する 211 288
東町小学校訪問、大学案内 本学児童英語研究担当教員 英語で外大訪問を引率する 33
太山寺小学校訪問、大学案内 13
中学3年生の学習支援 神戸市職員有志 中学3年生の学習支援 8
小中学生の学習支援 NPO こうべユースネット 生活保護世帯の子どもの学習支援、進路相談 6
米作り体験を通じての食育活動 伊川谷のコミュニティ農園を普及する会 小学生の環境体験手伝いで、一緒に米作りをする 2
親子木工クラフト教室 高塚山を愛する会 イベントの当日運営手伝い 2
なかよし学級での学習支援 神戸市立東町小学校 障がいのある児童の学習支援 2
神戸市立だいち小学校 1
親子農業体験 こども環境フォーラム イベントの当日運営手伝い 3
子ども川遊び体験 1
定時制高校学習支援サポーター 県立湊川高校 新1年生のPC教育で、日本語入力をサポートする 2
定時制高校スクールサポーター 兵庫県立楠高等学校 学習支援と行事に参加し、コミュニケーションアップに協力 1
あしなが街頭募金 あしなが学生募金事務局 遺児のための募金呼びかけ 1
サンタボラ 神戸市青少年会館(こうべユースネット) サンタに扮し、子ども達の家庭を訪問、プレゼントを届ける 1
ひとり親家庭の子どもの学習支援 (社福)神戸市母子福祉たちばな会 小4~中3の居場所作りと学習支援 1
国際交流 2017JUEMUN(日本大学英語模擬国連) 神戸市外国語大学 模擬国連の企画運営 55 209
サマースクールアシスタント 国際交流 神戸市立中学校生徒の学内引率と異文化紹介 33
世界クラブ女子バレーボール選手権神戸大会2017 (公財)日本バレーボール協会 通訳と当日大会運営手伝い 26
古着で海外支援 ボランティアコーナー学生スタッフ 古着の売却益で海外支援 20
日本語サポーター 神戸YMCA学院専門学校 外国人の日本語学習補佐 15
なでしこの盆 西区連合婦人会、西区まちづくり課 在神外国人を招待した夏祭りで運営手伝いと通訳をする 14
2018年新春国際親善パーティー 神戸市 2018年新春国際親善パーティーでの学生通訳 13
帆船フェアレセプション 神戸市みなと総局みなと振興部振興課 帆船乗員の懇親会で、ロシア語の通訳 9
外国船乗客の交通案内通訳 神戸国際コンベンション協会 外国船乗客の交通案内通訳 7
台湾訪日団懇親会通訳 ジェトロ神戸事務所 懇親会での中国語通訳 5
天津小学生訪日団通訳 神戸市教育委員会 天津からの小学生スポーツ交流訪日団の通訳 4
シアトル訪日団市長歓迎レセプション 神戸市市長室国際部国際課 レセプションでの英語通訳 3
日本語教室「だんらん」 NPO まなびと 市内在住外国人への日本語指導 3
外国にルーツのある子どもの学習支援 神戸定住外国人支援センター 外国にルーツのある子どもの学習支援 1
三田市国際ジュニア合唱祭 三田少年少女合唱団、三田国際ジュニア合唱実行委員会 スペインから来日のジュニア合唱団の通訳 1
お年寄り支援 がくえん陽だまりサロン ボランティアコーナー学生スタッフ 外大近隣に暮らすお年寄りとのおしゃべり交流 94 102
がくえん陽だまりサロン 訪問ボランティア ボランティアコーナー学生スタッフ お年寄りのお宅に訪問し、おしゃべり交流 8
出演協力 なでしこの盆 神戸市西区連合婦人会 学生サークルフラメンコ、ベリーダンス、ヒップホップ 36 72
UNIVER祭 (公財)神戸市公園緑化協会 神戸市外国語大学、兵庫県立大学吹奏楽団 10
がくえん陽だまりサロン ボランティアコーナー学生スタッフ ゴスペルサークル 9
ハイテクパーク工業会夏祭り 神戸ハイテクパーク工業会 ヒップホップダンス 6
なごやか垂水 高齢者介護施設 なごやか垂水 神戸市外国語大学、兵庫県立大学吹奏楽団、ベリーダンス 8
西区太陽と緑の祭り 西区まちづくり課 ベリーダンス 3
環境保護 2017スポGOMI大会in学園都市 ボランティアコーナー学生スタッフ 大会の企画運営と、当日の審査員 30 50
リサイクルメダルプロジェクト ボランティアコーナー学生スタッフ 不用になった電子機器を回収し、五輪のメダルにリサイクル 20
地域振興協力 学園夏祭り 学園都市安心すこやかセンター 夏祭りでの模擬店運営手伝い 12 38
学園夏祭り 学園西町連合自治会 夏祭り当日の本部業務を手伝い 9
港都KOBE芸術祭 市民チーム 神戸市市民参画推進局 港都KOBE芸術祭のPRと運営 4
季節の行事イベント コミュニティかりば イベントの当日運営手伝い 7
西区太陽と緑の祭り 西区まちづくり課 2
神戸マラソン 神戸マラソン実行委員会 神戸マラソン会場での中国語によるアナウンス 2
神戸ルミナリエ募金呼びかけ 神戸国際観光コンベンション協会 ルミナリエ会場での募金の呼びかけ 1
しあわせの村ユースボランティア (公財)こうべ市民福祉振興協会 施設内でのイベントの企画運営 1
震災被災地復興支援 Books for Japan ボランティアコーナー学生スタッフ 古本の売却益で岩手県大槌町の生活再建を支援 25 31
東日本大震災、熊本地震災害復興支援学生ボランティア 大学コンソーシアムひょうご 神戸 神戸市内でボラ活動→名取市、益城町で復興支援活動 3
チーム「ながぐつ」プロジェクト 日本財団学生ボランティアセンター 福島県いわき市での農作業などの支援活動 3
提案・提言活動 市政懇談会 神戸市婦人団体協議会 課題解決に向けたディスカッションに参加 3 3
合 計 793 793
学内活動
分野 活動名 主催 内容 人数 分野別人数
大学環境整備 夏の花植え ボランティアコーナー学生スタッフ 花壇の水やり 51 76
花壇の水やり 外大の花壇に花を植える 25
学生支援 JLPパートナー 国際交流 留学生の生活・日本語学習補助 98 103
国際交流サポーター 学内外の交流イベントの企画運営 5
オープンキャンパス オープンキャンパス 経営企画グループ オープンキャンパスでの来訪者対応 5 5
合 計 184 184
有償の地域協力活動
活動名 主催 内容 人数 合計
垂水区 英会話カフェ 神戸市垂水区役所 垂水区役所の職員に英語のレッスン 8 36
交通局職員の外国語会話教室講師 神戸市交通局 交通局職員のための英会話、中国語教室運営 7
神戸高専English Lounge(英会話教室) 神戸市立工業高等専門学校 神戸高専の学生に英語のレッスン 3
滝川高校 イングリッシュパーク 滝川高等学校 滝川高校の生徒に英語のレッスン 3
シルバーカレッジでの交流事業(秋) (公財)神戸市民福祉振興協会シルバーカレッジ 留学生がシルバーカレッジの受講者に異文化を紹介 7
シルバーカレッジでの交流事業(冬) (公財)神戸市民福祉振興協会シルバーカレッジ 留学生がシルバーカレッジの受講者に異文化を紹介 8

VC学生スタッフがホンネで考えるボランティアって...

人のために何かしたいと思うこと。心が温かくなること。

人は自分一人では生きられないよね。必要とされた時が一番、自分の存在を感じる!いろんなことがつながって、その結果が笑顔に結びつくのが嬉しいし、気持ちいい♪

思いやりとか、感謝の気持ちとかを改めて感じたり学んだりできるもの。

障がいのある人達と触れ合って、自分の中で新しい気づきがあった。でも、価値観、空気観の違いに戸惑うこともあった。

かかわる人々それぞれに自由で多様な助け合い。

「ボランティア」という枠を作るのはイヤだ!自然に、「助けたいなぁ。」っていう気持ちの延長でやりたい。友達の相談に乗ってあげることも、言うならば「ボランティア」

大げさなことじゃなくて、ささやかなこと。楽しみや趣味の一部。

熱い人とそうでない人の中間にいることで、そうでない人達が敬遠しない程度にボランティアのよさを伝えたい。自分が楽しいと思う活動に参加する。それでいいと思う。

自分の世界を広げ、成長させてくれるもの。

ボランティア活動で、最初は周りの人達とのコミュニケーションもぎこちなかったけど、だんだん打ち解けることができた。嬉しかったし、貴重な体験。自分の知らない面を知ることができた。

他人のためでなく、自分のためになるボランティアがあってもいい。大学では学べないことをボラを活用して学びたい。重くは受け止めたくない。

初めてボランティア・コーナーに来た理由は、人と関われるものを探していたから。子供たちと遊んでみて、世代に関係なく付き合いの幅が広がった。

以前は「してあげる」ものだったけれど、今は「してる」ものになった。

イイコトしてるって気持ちがあったときもあるけど、今はボランティアしてて楽しい!自分も成長できていると感じる。

十人十色のボランティアに、「あなた色」を待っています♪