神戸市外国語大学の理念と目標

 神戸市外国語大学は、現代社会の要請に応じた高度な外国語運用能力を備え、国際的な視野や学術的基盤、柔軟な判断力を持った、ビジネス、外交、教育、研究など社会の様々な分野で活躍できる「行動する国際人」を養成することを目指します。この教育理念にもとづき、刻々と変化し多様化する国際社会に機敏に対応できるように、2か国語以上の外国語を修得し、それぞれの言語の特性とその背後に広がる文化と社会に通じた「洗練された外国語能力」を備えた人材を育成することを目標とします。

 この理念と目標に沿って、次の「ディプロマ・ポリシー」、「カリキュラム・ポリシー」、「アドミッション・ポリシー」を定めます。

ディプロマ・ポリシー

 次のような資質を持つ「行動する国際人」に学位を授与する。

① 世界を見渡す視点を持ち、専攻する地域を中心に言語、文化、社会に関する知識を備え、国際的な対話に対する積極的な姿勢を身につけていること。

② 特定の分野について外国語で意思疎通ができる能力を身につけていること。

③ 複数の外国語で社会の基本情報を手に入れ、世界の多様性を理解できる能力を身につけていること。

④ 世界の出来事に対して、その本質を理解し、その背景について議論し、自分の考えを体系的にまとめる思考力と表現力を身につけていること。