国際関係学科教授
大石高志 (おおいしたかし)
Professor
Takashi Oishi

MESSAGE

半世紀前までは植民地支配や帝国主義の只中にあったアジアやアフリカの多くの地域。現在、一部では経済発展が著しいですが、今なお続く政治的混乱や貧困、社会的緊張から目をそらすことなく、やや長めの歴史的時間軸を設けて、じっくりと問題の本質を検証する必要があるはずです。研究上は、南アジアと環インド洋地域、そしてムスリム社会に焦点を当て、在地社会の「内在的活力」や「柔軟性」の可能性を追求・検証し、積極的に描くように心掛けてきました。

最終学歴 Degrees

東京大学教養学部教養学科アジア分科卒業(教養学士)
東京大学大学院総合文化研究科地域文化専攻(学術修士)
東京大学大学院総合文化研究科地域文化専攻博士課程単位取得満期退学

研究分野 Research Field

近現代のアジアが植民地支配や帝国主義のなかで、どのような変容を見せたか、また、現在にまで及ぶその規定性のなかで、今なお、どのような矛盾や葛藤に直面しているか、とくに、南アジア(インド)とその周辺地域を題材として、総合的に考えてきた。特に、直接の分析対象にしてきたのは、こうした地域のムスリムやイスラームの問題。印パ分離独立や民族問題、宗教復興運動などに展開していった政治的・思想的な問題を検証することと並行して、南アジア地域から環インド洋諸地域や日本にまで広域的ネットワークを拡散していったムスリムその他のインド人商人に着目し、社会経済史的な実証研究を行ってきた。

Post-Colonial Studies; Modern South Asian Studies; Comparative Islamic/Muslim History; Indian Ocean History

教育研究業績 Recent Publications and Presentations

教育研究活動報告書(201K)