神戸市外国語大学の理念と目標

 神戸市外国語大学は、ビジネス、外交、教育、研究など社会の様々な分野で国際的視野を持って活躍できる「行動する国際人」を養成することを目指します。
神戸市外国語大学の考える行動する国際人とは、複数の領域に秀でた複眼的思考力を持った人物であり、複雑化・多様化する国際社会において能動的に行動し、他者を理解し他者と協調できる人物を指します。
 そのために、専攻外国語とその背後に広がる文化と社会に通じていること、および、体系的な学問習得に裏打ちされた洞察力と論理思考力をもつこと、その両方を備えた人材を育成することを目標とします。

 神戸市外国語大学は、この「理念と目標」に沿って、「ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)」「カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)」「アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)」を定めます。

ディプロマ・ポリシー

 次のような資質を持つ「行動する国際人」に学位を授与します。

1.能動的に学ぶ力

 世界で活躍する人間にふさわしいリテラシーや倫理を備え、多様な背景を持つ人々と協働する力を身につけている

2.世界の多様性を観る力

 国際的な視点を持って、多様な文化や社会を理解する力を身につけている

3.高度な外国語運用能力

 高度で柔軟な外国語運用能力を身につけている

英米学科:
歴史・文化・言語学的背景に基づいて英語を理解するとともに、自らの学問的関心の追求に適した高度な運用能力を身につけている

ロシア学科:
自らの目的や課題のために必要な情報や知識を獲得し、自らの意見を効果的に表現できるロシア語の総合的運用能力を身につけている

中国学科:
中国語圏の多様な言語・文化・社会状況への理解に裏打ちされた、時代の変化や地域的特性に柔軟に対応できる総合的な中国語運用能力を身につけている

イスパニア学科:
歴史的・文化的背景に基づいて情報を的確に理解するとともに、自らの見解を効果的に発信するイスパニア語の能力を身につけている

国際関係学科:
批判的・客観的な国際感覚に基づいた、国際社会で通用する英語の運用能力と自己表現力を身につけている

第2部英米学科:
歴史・文化・言語学的背景に基づいて英語を理解するとともに、自らの学問的関心の追求に適した高度な運用能力を身につけている

4.専門的思考力・表現力

 体系的な学問習得により、自らの考えをまとめる思考力と表現力を身につけている

語学文学コース:
専攻する地域の言語・文学・文化について十分な認識を持っている。複眼的な思考力を身につけている

国際法政コース:
歴史的背景や社会的文脈を理解した上で、現代の国際社会が抱える諸問題に向き合うことができる

経済経営コース:
経済学、経営学、または商学を体系的に習得し、自身の関心のある問題に応用できる能力を身につけている

多文化共生コース:
多様なバックグラウンドを持つ人々との共生を図るための行動力を身につけている

リベラルアーツコース:
人文学・社会科学・自然科学などリベラルアーツの根幹となる諸分野を理解し、多角的、批判的に思考する力を身につけている

[第2部英米学科]

英語学・英語研究コース:
英語の人間・社会・文化に対する関わりを深く理解しており、英語学・英語教育学の観点からことばや教育に関する諸問題を分析する力を身につけている

英語圏文化文学コース:
英語圏の文化・社会・文学について深い認識があり、文学研究や文化研究の観点からことばや文化表象の問題について分析する力を身につけている

法経商コース:
法学・経済学・経営学・商学の視点から現代の諸問題を分析する力を身につけている

5.グローバル化された社会で行動し生きる力

 課題の発見・分析・解決に導く複眼的思考力をもち、積極的に世界に向き合う姿勢を身につけている

※英米・ロシア・中国・イスパニア・第二部英米学科においては「学士(外国学)」、国際関係学科においては「学士(国際関係学)」を授与します。