2022年8月 8日

「模擬国連世界大会」神戸大会 若者が国連大使になりきり議論するテーマが決定 ~世界11ヵ国、前回大会を上回る372人の学生が参加~

本学がホスト校を務める模擬国連世界大会(National Model United Nations Conference)の神戸大会(会期:20221120日(日曜)~26日(土曜))において、世界中で起きている様々な国際課題を踏まえ、Z世代を中心とした学生たちが議論するテーマが食料・エネルギー・核安全保障など進行形の課題に決定しました。
また、大会参加者も決定し、世界11カ国から前回大会を上回る372人もの学生が神戸を訪れ、様々な国際課題について、議論を交わします。
模擬国連世界大会とは、国際連合が全面的な支援を行う唯一の大会で、実際の国際連合での会議と同様に、参加者が各国代表団として、国際問題の議論を行い、語学力を含む総合的な国際コミュニケーション能力を高めることを目的とした教育活動です。
本学は201611月に日本で初めての世界大会を神戸で開催しており、今大会は、新型コロナウイルスの影響による2年の延期を経て、6年ぶり2回目の開催となります。また、コロナ禍後初となる米国外での大会になります。本大会は、大会運営に関わる学生委員会やボランティア学生、そして教職員が協同し、ホスト校として運営してまいります。
本学は英語力や会議でのコミュニケーション能力、リサーチ力を磨くため、模擬国連の授業を開講し、毎年模擬国連世界大会へ学生を派遣する等、模擬国連の活動に注力してきました。今後も本学は、模擬国連の活動を通じて、世界に通ずるグローバル人材の育成に努めてまいります。

1.学生の議論するテーマ

模擬国連世界大会では、参加する学生は4つの議場に分かれて議論を行います。各議場では事前に2つのテーマが設定され、大会当日に議論するテーマを1つ決定します。議題のテーマは学生たちが「平和」に焦点を当てて、国際課題や社会情勢を踏まえて、決定しています。
また、参加する学生は原則自らの出身国とは異なる国の外交団を担当し、設定されたテーマについて、その国を代表して他国と交渉を行い、担当する国の意見や利害を最終決議に反映させることを目的としています。

議場

議題テーマ

国連経済社会理事会
(Economic and Social Council / ECOSOC)

グローバル化が進んだ世界での食糧保障への取り組み

若者の持続可能な経済への参加の促進

国連総会
(General Assembly Plenary / GA)

精神的な健康の促進とケアへのアクセス改善

エネルギー保障と気候変動緩和のためのエネルギーシステムの適合

核兵器の不拡散に関する条約(NPT)再検討会議

第6条項の実用的な実施に向けた対策

核安全保障の強化に向けた対策

安全保障理事会
(Security Council / SC)

コンゴ民主共和国の状況について

平和構築における女性の役割の強化

2.参加学生(予定)

8月4日(木)時点での申し込み状況は下記の通りです。

国名

参加学生数

参加大学

オーストラリア

14人

Monash University

カナダ

4人

MacEwan University

チリ

18人

Universidad de Santiago de Chile

ドイツ

40人

Cusanuswerk
DGVN NRW
University of Erfurt

イタリア

20人

WSC Italia Global Leaders

日本

63人

・大学コンソーシアムひょうご神戸(本学含む)
・京都外国語大学
・ノートルダム清心女子大学
・岡山大学
・麗澤大学
・東京国際大学
・北九州市立大学

フィリピン

16人

De La Salle University Manila

タイ

4人

Naresuan University

ウガンダ

8人

Makerere University

イギリス

12人

Royal Holloway University of London

アメリカ

173人

Baylor University
Brigham Young University
California State University, Sacramento
21

以上、日本を含め11か国、39大学・団体から372

※新型コロナウイルス感染症や国際情勢の影響により、今後変動する可能性があります。
開催にあたり、マスク着用や消毒など新型コロナウイルス対策を徹底して実施します。

【関連リンク】

「模擬国連世界大会」神戸大会の実施が決定 ~世界各国から学生が集い、国際問題や平和について議論します~

参考1:模擬国連世界大会(National Model United Nations Conference)とは

世界各地で行われている模擬国連活動の中で、最大規模の大会です。春にニューヨークで5,000人規模の大会を、秋には世界各地の大学をホスト校として開催しており、国際連合が全面的な支援を行う唯一の大会です。
本学は201611月に日本で初めての世界大会を神戸で開催しており、今大会は、6年ぶり2回目の開催となります。当初は2020年の開催を予定していましたが、新型コロナウイルス流行の影響により、2022年に延期となっていました。

参考2:模擬国連

模擬国連とは、実際の国際連合での会議と同様に、参加者が各国代表団としての役割を担い、会議での議論を通じて国際問題への理解を深めるとともに、交渉力や議論の能力、語学力を含む総合的な国際コミュニケーション能力を高めることを目的とした教育活動です。
参加する会議や設定するテーマについて、他国と議論や交渉を経て、国連決議という合意に向かって全体がまとまっていくプロセスは国連さながらのドラマチックな展開です。
本学では、英語力や会議でのコミュニケーション能力、リサーチ力を磨くため、模擬国連の授業を開講し、毎年模擬国連世界大会へ学生を派遣するなど、模擬国連の活動に注力しています。