入学者はそれぞれ、ロシア語学またはロシア文学のいずれかを専門領域とし、その領域の範囲の中で研究テーマを決定します。研究を進める課程で指導教官およびその他の大学院科目担当者に助言を求めることができますが、最も重要なことは学生自身が自分で考え、積極的に資料を収集することです。なお、学位論文は原則としてロシア語で執筆することになっていますので、ロシア語を使った議論の進め方に親しんでおくとともに、ロシア語の学術論文の文体に習熟しておく必要があります。

*授業担当専任スタッフ(2017年度 アルファベット順)*
語学領域

文学領域

授業科目一覧

授業科目名
ロシア語学研究1・2
Russian Linguistics 1・2
ロシア語学演習1・2
Russian Linguistics Seminar 1・2
ロシア文学研究1・2
Russian Literature 1・2
ロシア文学演習1・2
Russian Literature Seminar 1・2
ロシア文化研究1・2
Russian Culture 1・2
関連言語
東欧諸言語1・2
Languages of Eastern Europe 1・2

ポーランド語1・2
Polish 1・2

*各講義の概要や授業時間割はトップページの「シラバス検索」から確認してください。

    共通授業科目